七五三は男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などにお参りをし、ご祈祷を受けます。

現在では全国で盛んに行われていますが、元々は関東圏においての地方風俗であったようです。

昔は子どもが誕生して、3歳まで生き延びるということはとても大変だったようです。5歳、7歳までとなるともっと大変でした。

昔の人は7歳までは子どもは人間ではなく、神様からの預かりものという認識を抱いていました。七五三というお祝いの文化は、この考えをもとに生まれたのだそうです。

7歳まで成長が出来た子どものお祝いをしたあと、氏神様にお参りして、氏子札を貰いました。氏子札を貰って初めて人格として認められ、地域社会の仲間入りを果たすことができたとされています。

子供の健やかな成長を望み祝う「七五三」です。我が子のお祝いの儀式に、ドレスにしようか、着物がいいか、と衣装選びも悩みます。

また、子供の成長の記念写真も撮っておきたいものです。しかし、朝からたくさんの人の中、神社にお参りして、子供は疲れて記念写真では愚図ってしまって、晴れやかな記念の写真を撮るのに一苦労します。

七五三の由来、七五三のお祝い、七五三の衣装、七五三のお参りする神社や、ご祈祷のお礼、記念写真の撮り方などをご紹介します。