七五三のお参りのTOPに戻る
「七五三のお参り」トップ >  七五三について > 七五三で神社へお参りに行く日

七五三で神社へお参りに行く日


七五三で神社へお参りに行く日といえば、一応11月15日を思い浮かべます。

七五三の風習は、鎌倉時代に公家や武家の子供がそれまで着物を紐で着付けていたものを、帯で着付けるようにする儀式があり、それが室町時代、江戸時代と時を経て大衆文化に広がって、お参りする日付が11月15日と定まったと言われています。

11月15日は、徳川5代将軍の綱吉の息子である徳松の袴着の祝いがこの日に行われたため、七五三が現在でもこの日になったと言われています。

また、七五三の11月15日のお参りの日にちについては、別の説もあります。

15日は、28宿の鬼宿日に当たり、鬼が家にいて出歩かない日で何かをするには吉日とされていました。

そして旧暦の11月は、穀物の収穫を終え、その実りを祝し、神様に感謝してお祭りする月でもあります。
そこで、11月15日に、氏神様へ子供の成長の感謝も併せて、今後のご加護を祈るようになったと言われています。

最近では、七五三も特に11月15日にこだわらず、秋に入って家庭の都合の良い日を選んでお参りする人も多くなってきていて、11月15日前の土日祝日は混雑するようです。

ただ、11月15日を過ぎてからのお参りは余りないようですね。

また、北海道のように、旧暦の11月15日は今の10月15日に当たるため、1ヶ月早めて七五三参りをするところもあるようです。
関連コンテンツ

七五三のお参りの祈祷料

七五三で神社へ参拝して、お祓いしてもらう場合には事前に社務所へ予約が必要で,お参り当日は、七五三のご祈祷のお礼にいくらか祈祷料として包むようになっています。 最近では、神社で一人当たり祈祷料がい・・・

七五三の神社でのお参り

七五三のお参りはこどもが誕生してから、七五三を迎えられるまで、無事成長した事を神様に感謝する儀式です。 最近では、七五三の写真だけを撮って神社へお参りに行かないという家庭も増えているようですが、・・・

七五三の由来

子育ての行事に七五三があります。 お彼岸過ぎには、七五三の準備を始めないことには気懸かりです。 七五三とは、元々、子供の成長を祝い、今後も子供が健やかに成長をしてくれることを祈願するために神社・・・

関東と関西で異なる七五三

関東地区と関西地区では様々な文化・行事に違いがあります。 七五三においても関東と関西では赴きが違うようです。 七五三の行事は子供の成長の節目になる年齢にあわせて、儀式を行っていたものです。・・・