七五三のお参りのTOPに戻る
「七五三のお参り」トップ >  七五三について > 七五三のお参りの祈祷料

七五三のお参りの祈祷料


七五三で神社へ参拝して、お祓いしてもらう場合には事前に社務所へ予約が必要で,お参り当日は、七五三のご祈祷のお礼にいくらか祈祷料として包むようになっています。

最近では、神社で一人当たり祈祷料がいくらと決まっている場合が多く、七五三の祈祷を予約する際に「お祓いをお願いする金額」を聞いておくと良いでしょう。

祈祷料の相場としては、3,000円〜10,000円ぐらいまでの範囲になっています。

七五三の祈祷料は紅白蝶結びの祝儀袋を用意し、「御初穂料」や「御玉串料」と表書きします。
名前は、七五三を迎えた子供の名前を書き、年齢を書き添えます。

「御初穂」とは、その年の豊作を感謝して、その年に初めて収穫された稲穂を、神社に奉納していたものです。

この豊作のお礼のお供え物が時代とともに、稲穂からお金に置き代わってきたものです。

お参りする人の神様へのお礼の気持ちが「御初穂」ですから、その人の価値観によって奉納する量も違っていたようです。

七五三を含めて神社へ納める「御初穂料」「御玉串料」もお礼の気持ちによって金額が異なってくるのが本来ですが、しかしながら、現在では多くの神社が事務的に一人いくらと祈祷料を設定して七五三の祈祷をするようになりました。

これも神社に祈祷料がいくらですかと、聞く人が多くて、そのため、事務的に神社側から、祈祷料の金額が提示されるようになってきたのでしょう。
関連コンテンツ

七五三の神社でのお参り

七五三のお参りはこどもが誕生してから、七五三を迎えられるまで、無事成長した事を神様に感謝する儀式です。 最近では、七五三の写真だけを撮って神社へお参りに行かないという家庭も増えているようですが、・・・

七五三で神社へお参りに行く日

七五三で神社へお参りに行く日といえば、一応11月15日を思い浮かべます。 七五三の風習は、鎌倉時代に公家や武家の子供がそれまで着物を紐で着付けていたものを、帯で着付けるようにする儀式があり、それ・・・

七五三の由来

子育ての行事に七五三があります。 お彼岸過ぎには、七五三の準備を始めないことには気懸かりです。 七五三とは、元々、子供の成長を祝い、今後も子供が健やかに成長をしてくれることを祈願するために神社・・・

関東と関西で異なる七五三

関東地区と関西地区では様々な文化・行事に違いがあります。 七五三においても関東と関西では赴きが違うようです。 七五三の行事は子供の成長の節目になる年齢にあわせて、儀式を行っていたものです。・・・