七五三のお参りのTOPに戻る
「七五三のお参り」トップ >  七五三の衣装 > 七五三の衣装・着物

七五三の衣装・着物


七五三での子供の衣装に着物姿は、女の子はとてもかわいらしく、男の子は凛々しくて、見ていて微笑ましいものです。

七五三のそれぞれの年齢での正式な衣装を紹介します。

3歳の男の子 :羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(もんつきにまいがさね)に兵児(へこ)帯、袖なし羽織を着せてあげます。
草履は、鼻緒のついた平底のものを履きます。

一般的に、この時には、お宮参りのときの「のしめ」を転用する場合が多いです。

3歳の女の子 :晴れ着に帯を結ばずに苦しくないようにひもで軽く着せてあげ、袖なし衿(えり)つきの被布を羽織の代わりに着ます。
髪飾りをつけてかわいらしくしてあげます。草履は甲掘(こっぽり)などを履きます。

七五三の時にはお宮参りの着物を仕立て直して利用する人が多いです。

5歳の男の子 :5歳は男の子のみです。
日本古来の風習で初めて袴を身につける儀式の日です。
紋付羽織袴を身につけます。長着は、羽二重の五つ紋付熨斗目模様や色紋付で、揃いの羽織を合わせ、下着は白羽二重の比翼仕立てにします。
袴をはかせ、畳表の草履を履き、扇子を身につけます。

7歳の女の子:7歳は女の子のみです。
帯解の祝いですから、大人の女性と同様に振袖に肩あげで、帯を締めて、本格的な着物を着ます。
友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様が良いようです。
襲(かさね)は、縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)の赤やピンクの紋織り無地か鹿の子絞りの無垢仕立てにしてそろえるのが正式です。

帯は丸帯を用いてかわいらしく着付けます。
草履は畳表のぽっくり(木履)か布製のものになります。

子供が正装の場合は、父親はスーツが一般的で、母親も訪問着や色無地、格の高いつけさげなどにするのが正式です。

祖父母の服装は両親に準じます。
関連コンテンツ

七五三の髪型

最近では七五三で神社へのお参りに行くのですが、それ以上に記念写真を撮ることにウェイトが掛っているきらいがあるようですね。 記念写真を撮る上で、七五三の衣装はもちろんですが、女の子の場合は髪型も大・・・

七五三で付き添う両親の服装

七五三の主役は七五三を迎える子供本人ですが、その子供が正装しておれば、付き添っている両親も礼装するのが適切な服装だとされています。 七五三での子供の服装に合わせて、両親は和装、洋装はどちらでも差・・・