七五三のお参りのTOPに戻る
「七五三のお参り」トップ >  七五三の衣装 > 七五三で付き添う両親の服装

七五三で付き添う両親の服装


七五三の主役は七五三を迎える子供本人ですが、その子供が正装しておれば、付き添っている両親も礼装するのが適切な服装だとされています。

七五三での子供の服装に合わせて、両親は和装、洋装はどちらでも差し支えないようですが、七五三を迎える子供が着物や袴姿の日本古来の伝統を守った服装なら、両親も和装に合わせる方がバランスが良いでしょう。

七五三に付き添う母親は、色留袖や訪問着、付け下げ、色無地といった落ち着いた色の着物に品のある袋帯などを合わせるのが良く、父親は、紬地の無地に羽織を合わせるのが本来の正式な服装とされています。

しかし、最近の男性は着物を着ることが無いので、ダークスーツ姿が殆どです。

また、七五三を迎える子供が洋服の場合は、母親はフォーマルスーツやワンピースを着るようにし、父親もダークスーツなどの改まった服装を着用します。

七五三は、本来の意味からすると子供が無事成長した事を感謝してお祝いする行事ですから、服装よりもお祝いする気持ちが一番大切です。

しかし、そうは言っても、やはり七五三では神社へ詣でるのですから、普段着の格好よりは少し気を遣いたいものです。

記念の写真の撮影もあることですから・・・

礼装というと少し、抵抗があるかも知れませんが、レンタル等を利用すれば気軽に礼装することができますので、神社への七五三参りはぜひ改まった服装で行っておきたいものです。

祖父母の服装は両親に準じるのがいいですね。
関連コンテンツ

七五三の髪型

最近では七五三で神社へのお参りに行くのですが、それ以上に記念写真を撮ることにウェイトが掛っているきらいがあるようですね。 記念写真を撮る上で、七五三の衣装はもちろんですが、女の子の場合は髪型も大・・・

七五三の衣装・着物

七五三での子供の衣装に着物姿は、女の子はとてもかわいらしく、男の子は凛々しくて、見ていて微笑ましいものです。 七五三のそれぞれの年齢での正式な衣装を紹介します。 3歳の男の子 :羽二重熨斗・・・