赤ちゃんにやっと歯が生え始めたばかりの頃が離乳食初期になります。
まだ、赤ちゃんには全ての歯が生え揃っているわけではないので、上手に噛むことが出来ませんから、柔らかいものから硬いものへと順番に移行していきます。

赤ちゃんの離乳食から、様々な栄養を摂ることが出来るように、段階を踏んで離乳食を進めてあげます。

離乳食は、ひとつの目安として、月齢に合わせた標準的な進め方があります。

離乳食の初期の頃は、まだ栄養のほとんどをミルクや母乳を中心にして摂取することになります。

しかし、7ヶ月頃になると、栄養のことを重視して離乳食を与えるようにします。
炭水化物・たんぱく質・ミネラルといった食品3群をメインに、バランスよく与えるようにします。

離乳食を始めても、全ての赤ちゃんが思い通りに、お母さんが提供してくれるものを、何でも食べてくれるという事にはなりません。

赤ちゃんは思った以上に食べなかったり、時には食べすぎではと思うこともあります。

赤ちゃんの成長や発達の状況に応じて、離乳食の量を調節するということも大切なことです。

赤ちゃんの離乳食に関して、離乳食グッズや、離乳食メニューと食材、離乳食レシピなどをお伝えします。
★税込2980円以上で送料無料★  【ポイント10倍】 2/8(金)23:59まで 和光堂ベビーフード ...