離乳食の進め方のTOPに戻る
「離乳食の進め方」トップ >  離乳食 > 離乳食と卒乳の関り

離乳食と卒乳の関り


離乳食は、今までミルクや母乳だけで育ってきた赤ちゃんが、ミルク以外の食べ物に慣れ、固形食を食べられるための準備段階になります。

卒乳は「赤ちゃんから母乳やミルクと離れてくれるのを待とう」というニュアンスで、この卒乳に対して、断乳という「ママの側から母乳やミルクを終わりにする」ニュアンスの言葉とが使い分けされています。

現在では離乳は無理せずゆっくりめでもいいのではという考えが主流で卒乳で離乳している人が多いようです。
しかし、離乳食を卒業する頃には、母乳やミルクなども卒業をする必要があります。

1歳を過ぎる頃には、3度の食事からほとんどの栄養を摂取することが出来るようになります。
そうなると卒乳ということになりますが、必ず卒乳しなければならないというわけではなく、卒乳はあせってする必要はないようですが、母乳を飲みすぎることで離乳食を食べることが出来ないというような状態であれば、状況が違って考える必要があります。

通常は自然と卒乳するまで待つというのがよいのですが、ただ、ほ乳瓶でミルクを与えている場合は、1才半を過ぎると虫歯の危険性が高まるといわれています。

離乳食と卒乳の関りは、離乳食と母乳とのバランスを考えながらゆっくりと卒乳を考えるのがいいのかも知れません。

授乳回数を減らしたり、離乳食の後の授乳時間を減らすなどの工夫をして卒乳への段階を踏んでいくのが良いのでしょう。

離乳食だけでは栄養面で不安を感じるのであれば、フォローアップミルクなどを与えます。フォローアップミルクと牛乳とはまた違うものなので、フォローアップミルクで栄養を補うようにするとよいでしょう。

赤ちゃんにとって離乳食や母乳は、とても大切なもので、順序を追ってゆっくりと進めるのが肝心です。
【送料無料】離乳食が1分で完成!ケーキの材料に・介護食もとなんにでも使える無添加・無着色の...
関連コンテンツ

離乳食の簡単調理法

育児中のお母さんにとって、毎日の家事に加えて離乳食作りは大変なことです。 毎日の離乳食を「簡単に作れる調理法」があります。 ☆ 離乳食の初期や中期で活躍する野菜の裏ごし 裏ごしは、離・・・

離乳食完了期

離乳食完了期は1歳〜1歳6ヶ月ぐらいで、この頃の赤ちゃんは1日に3回の食事とプラスおやつという食事のリズムができてきます。 しかし、離乳食の完了期の赤ちゃんの食事は大人と同じ食事を取り分けて食べ・・・

離乳食の後期

離乳食の後期は生後9ヶ月から11ヶ月頃ですが、この頃を「カミカミ期」とも呼んでいます。離乳食の後期になってくると、1日、3回食になってきます。 その上、食べることが出来る食材や味付けなども増・・・

離乳食の中期

離乳食の初期段階のドロドロ状の食べ物を、しっかりと飲み込むことが出来るようになれば、離乳食中期の段階へと移行していきます。 離乳食中期は生後7ヶ月頃から8ヶ月頃とされており、この頃から1日2・・・

離乳食の初期

生後5ヶ月頃を目安にして離乳食を与え始めますが、この生後5ヶ月頃から6ヶ月頃までの期間を離乳食の初期と呼び、別名「ゴックン期」とも呼ばれています。 実際に離乳食を始めるのは、赤ちゃんの状態が・・・

離乳食を食べない時

離乳食は開始した初期の頃には赤ちゃんもよく食べるのですが、中期や後期に入ると食べむらがあって、赤ちゃんが食べないといったようなことがよくあるようです。 一生懸命作った離乳食を赤ちゃんが食べて・・・

離乳食の開始時期

離乳食の開始時期は月齢を目安にしていますが、育児本などによると、一般的にその月齢は生後5ヶ月ごろからとされています。 しかし、この生後5ヶ月頃というのはひとつの目安でありますから、実際に離乳・・・

離乳食の進め方

離乳食は、赤ちゃんの月齢を目安にして離乳食の進め方があります。 生後5ヶ月〜6ヶ月頃は離乳食初期と捉え、スプーン一杯のおかゆから離乳食を始めます。 生後7ヶ月〜8ヶ月頃には1日に2回離・・・