離乳食の進め方のTOPに戻る

離乳食に納豆


納豆を苦手とする人は納豆独特の匂いやねばつきを嫌がっているのですが、しかし、納豆は大豆を原料にしているのですが、その大豆は「畑のお肉」と呼ばれるほど栄養価の高い食べ物です。

栄養価が非常に高く体にも良い納豆は、離乳食に使いたい食材です。

納豆を使用する場合には、離乳食の中期以降から使用するようにして、月齢に合わせて刻んであげるのがポイントです。

納豆にはたんぱく質やエネルギーが豊富に含まれているので、赤ちゃんの離乳食ばかりでなく産後のお母さんの栄養を確保するためにも取り入れて頂きたい食品です。

納豆と聞くと糸を引いて食べづらいとか、調理の方法に不安を抱くという人多いかも知れません。

料理本やインターネットの料理サイトなどにも、「納豆と離乳食」のレシピが多数掲載されています。

納豆の中にも様々な種類があるので離乳食の使用する場合には、細かく砕いてあるひき割り納豆を使用すると簡単に離乳食に使えます。

それでも、ひき割り納豆はそのまま使用せずにお湯にさっとくぐらすか、熱湯を回しかけるようにしてから使用することが大事ですね。そうすると、粘りが適度に薄れて、食べやすくなります。

納豆を離乳食に使用する方法としては、ごはん・おかゆ・うどん・マカロニなどの上からシンプルにかけるだけでも美味しく頂くことが出来ます。

赤ちゃんの栄養の為にも、ぜひ離乳食に納豆を取り入れてみて下さい。
【aj】【離乳食】有機まるごとベビーフードすべて国産素材の無添加製法・長期保存可能<食育は...
関連コンテンツ

離乳食の誕生ケーキ

1歳の誕生日の頃は離乳食の完了期になりますが、離乳食のケーキで誕生祝いも良いですね。 普通のケーキは砂糖などを多く使用しているので赤ちゃんには良くないので、赤ちゃん用にケーキを作って、安全に・・・

離乳食の後期レシピ

離乳食の後期ともなると、ポツポツと歯が生え始めてくる頃です。 歯茎やあごを使って、噛みつぶすのに慣れる時期でもあります。 そして、離乳食を食べた後はミルクを欲しがらない子も増えるでしょう。・・・

離乳食の中期レシピ

離乳食も中期となると、味覚か敏感になってきますので、様々な食材を与えて慣れさせることが大事になってきます。 離乳食メニューには、色々な食材をバランスよく使用して与えるように工夫したいです。 ・・・

離乳食の初期レシピ

離乳食初期の頃には舌を前後に動かすことが出来るようになり、食べ物を飲み込むこと出来るようになります。 その頃の離乳食は、「やわらかくゆでてからつぶす」というドロドロ状の食べ物で、「裏ごし」「すり・・・


「離乳食に納豆」のトップへ↑
「離乳食の進め方」のトップへ↑