三人乗り自転車の情報のTOPに戻る
「三人乗り自転車の情報」トップ >  三人乗り自転車とは > 三人乗り自転車の誕生の経緯

三人乗り自転車の誕生の経緯


2009年の7月1日に、ほぼ全国一斉に三人乗り自転車による、自転車の三人乗りが解禁されました。

今まで、自転車の三人乗りは違法だという認識が薄かったのですが、1台の自転車に2人以上で乗車するのは道交法上、禁止されています。

また、自転車も車両の一種ですから、道交法に基づく交通ルールを守らなければ、懲役や罰金を科せられることもあります。

今回、制定された三人乗り自転車による三人乗りの解禁は、大人が2人の幼児を自転車に乗せる場合を想定しています。

お母さんが、小さい子どもを前後に乗せ、自転車を漕いでいる姿はよく見かけますが、この三人乗りでの交通事故が多く、警視庁では、以前から三人乗り禁止の徹底を試みてきました。

しかし、年齢の近い幼児を抱える母親にとっては大切な交通手段です。已む無く3人乗りを行っている母親たちから三人乗り自転車の禁止の徹底に、反発が強くありました。

そのため、三人乗りに適した自転車を利用することで、三人乗りを認め、安全を確保しようとしたのが、今回の三人乗り自転車の解禁になっています。

幼児を自転車に乗せると、どうしてもハンドルを取られたり、バランスを崩したりしやすく、事故に繋がります。

三人乗り自転車は、座席の前後に、幼児専用の座席が付けられるようになっており、幼児2人を乗せても、安全が確保できるように工夫がされています。

自転車に十分な強度が保たれていること、制動性に不都合が生じないこと、駐輪時に転倒し難いことなどの、安全基準を満たした自転車が、三人乗り用の自転車として認められます。

安全基準が認められた三人乗り自転車には、JIS、BAA、SGなどのマークが付いていますので、購入の際には、確認が必要ですね。
【通常価格よりプライスダウン】【土・日特価セール】メイファタウンATL263RHD後子供乗RBC-007D...