三人乗り自転車の情報のTOPに戻る

三人乗り自転車の助成金


7月から三人乗り自転車による、自転車の三人乗りが解禁されたのに合わせて、各自転車メーカーでは、幼児2人乗車対応の、三人乗り自転車を発売しました。

ニュースなどでも話題となっていますが、今後、実際に普及するには、価格がネックとなっているようです。

三人乗り自転車には、幼児2人を同乗させても、安定性や操作性が損なわれないための厳しい安全基準をクリアした上で、各メーカーはさらに、安全に運転できるように様々な工夫をしています。

従って、量産されている一般の自転車よりは、どうしても価格が上がってしまい、今のところ、安いもので5万円台から、電動アシストが付いた機種などでは、15万円を超えるものもあります。

一般の自転車に比べて、安いとは言い難い値段になっています。

三人乗り自転車を必要とする家庭は、2人以上の子どもを養育していると考えられます。

つまり、子育てに手も、費用も掛かる時期に、高額な自転車の購入は、安全性を考え、法律を遵守したいと思っても躊躇うものがあるでしょう。

事故を減らすために、安全性を増した三人乗り自転車を合法としても、普及しなければ意味が無いという見地から、群馬県の前橋市では、早速、三人乗り用自転車の購入者に対しする助成を発表しました。

未就学の子どもがいる家庭を対象に、上限を4万円とし、購入費用の半額を助成するというもので、前橋市民であり、保育園や幼稚園などの送迎で、三人乗り自転車を必要とする人が対象となります。

東京都三鷹市は今年度予算で315万円を計上し、秋から市が購入した新型自転車のレンタルを始める予定です。

国が都道府県に設けた「安心こども基金」事業として3人乗り自転車の普及・貸し出しが認められることもあり、茨城県古河市や愛知県の多くの市町村も検討にはいっているようです。

少子化が社会問題となっている現在、頑張って子育てをしている人々に、安全で、安価な三人乗り自転車を提供出来るシステムが早く整備されることを祈りたいですね。
【通常価格よりプライスダウン】【土・日特価セール】メイファタウンATL263RHD後子供乗RBC-007D...
関連コンテンツ

三人乗り自転車の発売メーカー

数年前から、2009年の7月の施行で、三人乗り自転車仕様のみ、自転車の三人乗りが解禁される法改正に合わせて、安全基準をクリアする三人乗り自転車の開発が進められてきました。 しかし昨年、10社・・・

三人乗り自転車の価格

三人乗り自転車は、安全性を増すために様々な工夫が施されているため、どうしても、一般の自転車に比べて、販売価格が高くなってしまうようです。 ブリヂストンサイクルでは、「アンジェリーノ」「アンジ・・・

三人乗り自転車の仕様

三人乗りをしても安全性が確保されるという、三人乗り自転車には、普通の自転車以上に、様々な工夫が見られます。 子供を乗せると、ハンドルを取られたり、バランスを崩したりしやすくなり、事故に繋がる・・・