三人乗り自転車の情報のTOPに戻る

三人乗り自転車の発売メーカー


数年前から、2009年の7月の施行で、三人乗り自転車仕様のみ、自転車の三人乗りが解禁される法改正に合わせて、安全基準をクリアする三人乗り自転車の開発が進められてきました。

しかし昨年、10社を超える自転車メーカーから試作車が発表されたにもかかわらず、法の施行とともに発売された専用三人乗り自転車は、僅か2社だけでした。

1社は、ブリヂストンサイクルで、3種類のラインナップを登場させました。

最も安価なもので、メーカー価格39,800円(幼児用シートはオプション)のボーテで、電動アシスト付きの、アンジェリーノ・アシスタDXは、136,800円(幼児用バックシートはオプション)です。

もう1社は、ヤマハ発動機で、電動アシスト付きのPAS Raffiniが、メーカー価格121,800円(幼児用シートはオプション)となっています。
同じく電動アシスト付きのPAS・リトルモア・リチウムは、メーカー価格134,800円(幼児用バックシートはオプション)です。

三人乗り自転車の安全基準を満たす以上に、強度を高め、様々な工夫が付与されていますので、自ずと高額にならざるを得ない状況にあります。
普通の安価なシティサイクルが、量販店で並んでいる現状からすると、三人乗り自転車の価格が、今後、三人乗り自転車が普及していくためには、大きなネックとなりそうです。

法の施行に合わせて発売されたのが、2社に留まったのも、メーカー側が売れ行きを懸念した背景があり、実際に、パナソニックサイクルテックからは、需要の動向を見て販売時期を考えたいとするコメントも出ています。

三人乗り自転車の普及に努める地方自治体からは、既に助成金導入を決定したり、レンタル制度を検討しているところも出てきてはいますが、これからの動きに注視したいですね。
【通常価格よりプライスダウン】【土・日特価セール】メイファタウンATL263RHD後子供乗RBC-007D...
関連コンテンツ

三人乗り自転車の助成金

7月から三人乗り自転車による、自転車の三人乗りが解禁されたのに合わせて、各自転車メーカーでは、幼児2人乗車対応の、三人乗り自転車を発売しました。 ニュースなどでも話題となっていますが、今後、・・・

三人乗り自転車の価格

三人乗り自転車は、安全性を増すために様々な工夫が施されているため、どうしても、一般の自転車に比べて、販売価格が高くなってしまうようです。 ブリヂストンサイクルでは、「アンジェリーノ」「アンジ・・・

三人乗り自転車の仕様

三人乗りをしても安全性が確保されるという、三人乗り自転車には、普通の自転車以上に、様々な工夫が見られます。 子供を乗せると、ハンドルを取られたり、バランスを崩したりしやすくなり、事故に繋がる・・・