三人乗り自転車の情報のTOPに戻る
「三人乗り自転車の情報」トップ >  三人乗り自転車の法改正 > 三人乗り自転車に付いているマーク

三人乗り自転車に付いているマーク


三人乗り自転車に乗って合法なのは、厳しい安全基準に合格した三人乗り自転車を利用することです。

安全基準をクリアした三人乗り自転車には、JIS、BAA、SGなどのマークが付いていますが、これらは自主的マーク制度であり、法的に定められたマークではありません。

警察庁の見解によると、今回の三人乗り自転車合法化に伴い、法的な拘束力の高い、適合マークを付けるべきという意見もあったようですが、それらの制度構築に時間を掛けるよりも、まずは、自主マーク制度での、早期の施行に踏み切りました。

三人乗り自転車合法化制度の構築によって施行が遅れるよりも、まずは三人乗り自転車の合法を早期に施行し、普及させることを選んだことになります。

実際に三人乗り自転車の販売が始まり、分かりやすいマークが、社団法人自転車協会が取り扱う、「幼児2人同乗基準適合車」マークです。
横長の長方形で、白地に緑色の文字で、「幼児2人同乗基準適合車・社団法人自転車協会」と、表示されています。

更に、同協会が発行する、「BAAマーク」も貼られ、安全・環境基準適合車であることが表示されています。

日本工業規格に適合する製品に付されるJISマークは、一般の自転車を購入の際も、確認を推奨されているマークです。

緑色のSマークを黒のGが囲むSGマークも、安全マークとして親しみ深いマークです。

三人乗り自転車本体だけでなく、幼児用の座席や、幼児同乗時のヘルメットなどにも、これらのマークが付いているかどうか確認しておくといいですね。
【通常価格よりプライスダウン】【土・日特価セール】メイファタウンATL263RHD後子供乗RBC-007D...
関連コンテンツ

三人乗り自転車利用のルール

7月1日より、自転車のルールが変わり、幼児2人同乗適応車による、三人乗り自転車が解禁されました。 このことは自転車の三人乗りが合法化されたのですが、複数人で1台の自転車に乗る危険性が依然とし・・・