三人乗り自転車の情報のTOPに戻る

三人乗り自転車利用のルール


7月1日より、自転車のルールが変わり、幼児2人同乗適応車による、三人乗り自転車が解禁されました。

このことは自転車の三人乗りが合法化されたのですが、複数人で1台の自転車に乗る危険性が依然として残ります。

三人乗り自転車を利用するときは一般の自転車以上に、ルールやマナーに注意を払い、安全に運転する必要があります。

三人乗り自転車を利用するルールには、三人乗り自転車は16歳以上のものが運転すること、同乗させるのは6歳未満の幼児であること、幼児用座席を用いることなどがあります。

また、幼児2人同乗適応の自転車による、三人乗りが認められたことで、三人乗り自転車以外の一般自転車での三人乗りは、ルール違反となります。

自転車乗車のルールは、道路交通法に定められていて、三人乗り自転車も、自転車の一種として、道路交通法を守る必要があります。

道路交通法に定められている以上に、三人乗り自転車は、一般の自転車と比べて危険性が高いことを念頭に、危険を回避するため、ルールやマナーを遵守することが大切ですね。

道路交通法として、自転車は車両ですから、歩道と車道のある道路では車道の左側を走行します。

安全のためやむを得ず歩道を走行する場合には、歩道の車道側をすぐに止まれる速度で走行し、歩行者を優先とした走行になります。

自転車は車両ですから、当然、お酒を飲んで運転すると、飲酒運転として罰せられます。

信号を守るのはもちろんのこと、一時停止もしっかりと行い、安全確認が必要です。

道路交通法は、更に、各都道府県の公安委員会規則で、独自の制限を設けることができるため、地域によって若干、異なるルールがあります。
三人乗り自転車の利用前に、住んでいる地区の交通法を確認しておくことが大事ですね。
【通常価格よりプライスダウン】【土・日特価セール】メイファタウンATL263RHD後子供乗RBC-007D...
関連コンテンツ

三人乗り自転車に付いているマーク

三人乗り自転車に乗って合法なのは、厳しい安全基準に合格した三人乗り自転車を利用することです。 安全基準をクリアした三人乗り自転車には、JIS、BAA、SGなどのマークが付いていますが、これら・・・