玄米の食べ方のコツのTOPに戻る

玄米と脚気


玄米と関係がある有名な病気が脚気(かっけ)があります。

脚気は体が妙に疲れやすくなったり、何をしてもやる気が出ない、眠い、体がむくむといった症状が出ます。

症状をこじらせると、心臓や神経・脳の異常が見られるようになります。

江戸時代の頃、参勤交代で江戸に向かった人たちが、江戸に居る間はこういった症状に悩まされるものの自分の故郷に帰ると治るといった不思議な病気があり、当時は「江戸わずらい」と呼ばれていましたが、これも脚気が原因と見られています。

この現象は故郷のほうでは玄米が食べられていたものの、江戸では白米が主流になっていたことによるとされています。

脚気はビタミンB1が不足することが原因で、現在のように、副食が豊富ではなかった時代で、人々は知らず知らずのうちに玄米でビタミンB1を摂取していましたが、それがなくなってしまったために脚気が流行ったということになっています。

脚気は、遥か昔の病気のように考えてしまっている人がいるようですが、今でも珍しいものではありません。

現代では、逆に副食が増えたことで、糖分を多く摂るメニューが増えてしまい、この糖分を分解する際にはビタミンB1が必要になります。

ビタミンB1不足が脚気を引き起こすのであれば、ビタミンB1を玄米からの摂取してもいいではありませんか。
玄米食は病気を治す 病気の原理治癒の原理/石田英湾【もれなくクーポンプレゼント・読書家キ...
関連コンテンツ

玄米で便秘解消

玄米には便秘解消効果があるのをご存知でしょうか。 それは、白米に比べると玄米のほうが食物繊維が4倍〜5倍も含まれているからです。 便秘の解消には食物繊維が良いと言われますよね。 ・・・


「玄米と脚気」のトップへ↑
「玄米の食べ方のコツ」のトップへ↑