収納術を習得することは、収納術の基本の理解が必要です。
収納術の基本は部屋の中を「片付ける」ことに尽きます。
そこで、片付けるために最初にするべきことは、片付けようとする部屋にあるもの全てをリストアップすることです。

それはどこに何があり、どれくらいの量かを把握します。
そして、リストアップしたものを必要なものと不要なものに仕分けします。

物によっては思い入れがあり、処分することが躊躇われるものもあるでしょう。

しかし、効率よく収納する場合には、余程の特別なものを除き、1年程度使用していないものに関しては不要なものと判断して仕分けをします。
仕分けでは、必要と不要の区別が付かなくて、とりあえず保留として、必要と不要の判断を先送りにすることがよくあります。

しかし、片付けが下手な人ほど、保留がどんどん増えてしまいます。

収納術を習得する基本は、必要と不要の仕分け作業の段階で出来る限り決めてしまうことが重要です。

仕分け作業が進めば、次に使用場所の確認です。

必要と判断されたものは、使用する場所になければいけません。

例えば、リビングで使用するものはリビングで収納され、キッチンで使用するものはキッチンに収納されるのが収納術の基本です。

そして、使用したものは、必ず元の収納場所に片付けることが大切で、この習慣付けが収納術の基本でもあります。

さらに、そのものをどのくらいの頻度で使うものなのかの確認することも、収納術の基本のひとつといえます。

使用頻度が低いものが取り出し難い場所に収納されているのは問題ありませんが、使用頻度が高いものが簡単に取り出せない場所にあるのは良くありません。

使用頻度の高いものは簡単に取り出せて、簡単に収納できることが収納術のポイントになります。
【送料無料】 シルバーアクセントが格好いいクローゼットチェストキャスター付き押入れ収納家具...