収納術を取得するのTOPに戻る
「収納術を取得する」トップ >  衣替え時の収納術 > 衣替えの収納術(秋冬の衣替え)

衣替えの収納術(秋冬の衣替え)


秋冬ものから春夏の衣替え衣類の収納は普段使わないクローゼットや押入れの下段の奥、天袋、地袋などが最適な収納場所になります。

収納用品は完全に蓋ができて積み重ねられるタイプの衣装ケースが向いています。

秋冬の衣類にはセーターやコートなど手入れが必要ですが、衣類防虫剤も忘れずに衣装ケースに入れます。

ダウンジャケットやセーターといったボリュームのあるものに関しては、圧縮袋を使用するのが収納には有効ですね。

衣装ケースの収納では、秋物、マフラーや手袋などの小物類、コートなどを簡単に分類します。
そして衣装ケースを積み重ねて収納します。

秋物などの薄手の衣類の衣装ケースは急に肌寒くなったときにすぐ出せるように上段に置くと便利です。

マフラー、ファー、手袋といった小物はどこかに紛れ込んでしまいがちですので小物用として別に収納するか、袋に収納します。
コートなど厚手の上着を使用するのは殆ど無いので、この衣装ケースは最も下に置きます。

透明のプラスチックケースは、中身が見えるので服を整理して収納しやすいです。
そして、このケースを縦に置いてから、たたんだ服を次々と積み重ねていくと、服の重みで自然と数多くの服が収容できます。

衣替えは、収納するまでに服の洗濯や、手入れに随分と手間が掛かります。そこで、服の数を減らせば衣替えがラクになると考えるのはどうでしょうか。

衣替えは面倒だと思いながらも、着ない服まで収納する手間をかけているのが現実の衣替えです。

衣替えとは着なくなった衣類を処分することと割り切ればずっと楽になります。
【送料無料】桐衣装箱 高さ64(キャスター付き)★全品ポイント10倍!(P10倍)★★総額5250円...
関連コンテンツ

衣替え時の収納術(夏〜秋)

夏〜秋に軽く衣替えを済ませておけば、冬の本格的な衣替えに備えることができます。 するべきことは秋に着る衣類を取り出し、春夏に着なくなった衣類を収納するだけです。 春夏に着ていた衣類の中・・・