収納術を取得するのTOPに戻る
「収納術を取得する」トップ >  衣替え時の収納術 > 衣替え時の収納術(夏〜秋)

衣替え時の収納術(夏〜秋)


夏〜秋に軽く衣替えを済ませておけば、冬の本格的な衣替えに備えることができます。

するべきことは秋に着る衣類を取り出し、春夏に着なくなった衣類を収納するだけです。

春夏に着ていた衣類の中には、秋にも継続して使うものがあるかもしれませんが、それは残しておきます。

ただし、冬の衣替えに備えて、クローゼットや押入れの収納スペースには余裕を持たせておくことです。

冬には厚手の衣類がクローゼットや押入れを占領することを考えると、秋の収納術には引き出し式の収納用品を使いたいところです。

基本通りにたたんで収納するのも悪くありませんが、引き出しの場合は取り出しにくいのが難点です。

そこで使える収納術が、引き出しに衣類を差し込む方法です。
のり巻きを作るように、たとえばTシャツなら、左右の袖を内側に折った状態から丸めていきます。

あとはのり巻きでいう断面の部分が上を向くように、引き出しに差し込んでおきます。

たくさんの衣類を収納できますので、非常に便利な収納術といえます。

種類ごとに引き出しのスペースを区切ると、より使いやすくなります。

また、夏から秋にかけては、祭りなどで浴衣を着る機会があるのではないでしょうか。

ハンガーに掛けている人は少なくありませんが、本格的な衣替えの時期がきたら、たたんで収納しましょう。

その時には、浴衣と同じ収納用品に帯などの小物一式をまとめて入れると、取り出す時に探せなくなる心配がありません。
【レビューを書いて3%オフ!キャンペーン中】押入れ収納(抽斗タイプ) 2個組 TC−090(JK)【...
関連コンテンツ

衣替えの収納術(秋冬の衣替え)

秋冬ものから春夏の衣替え衣類の収納は普段使わないクローゼットや押入れの下段の奥、天袋、地袋などが最適な収納場所になります。 収納用品は完全に蓋ができて積み重ねられるタイプの衣装ケースが向いて・・・