浮気は気まぐれ|浮気が離婚までのTOPに戻る

浮気による離婚について


浮気された場合に、すぐに離婚を検討する人は少なからずいるのですが、反面、離婚をすぐさま検討するのではなく、もう1度やり直すという方法を選ぶ人もいるようです。

離婚をするとなると、お互いが同意しなければいけないため、1人で決断することはできません。

離婚することについてお互いが納得した場合、夫婦に取り巻く状況を一つずつ整理しなければなりません。

離婚が決定したとしても、子供がいる場合は真剣に子供に関して話し合わなければいけません。

また、財産をどうするかに関しても相談する必要があります。

慰謝料をはじめとして、名字や戸籍をどうするのかなど、夫婦で検討すべきことは数多くあります。

離婚そのものの手続きは、意外と簡単にできてしまい、お互いが離婚することに納得している場合は、離婚はそう難しくはありません。

ところが、片方が離婚をしたくないと考えている場合とか、あるいは財産分けや子供の親権などで折り合いが付きにくい場合もあります。

特に問題がなく離婚に至ることを協議離婚と呼びますが、それ以外に裁判所で行う裁判離婚や家庭裁判所で行う調停離婚など、離婚にはいろいろな種類があります。

離婚に至るには、2人の同意が必須となります。

浮気をしたものの離婚は避けたいと考える場合、2人の同意が得られなくても、パートナーの浮気の中に不貞行為が存在すれば、裁判離婚によって離婚することができます。

もしも不貞行為が存在しなかった場合でも、婚姻を続けるのが困難な重大な事由があれば離婚が認められる可能性が高いでしょう。
浮気検査液 浮気調査キット 探偵 興信所 不倫調査 婚外恋愛 離婚調停 浮気証拠 不倫証拠 離婚 ...

関連コンテンツ

浮気で離婚をした後の生活

パートナーが浮気をしていることが判明して、ショックを受けて家出をしてしまう人も少なくありません。 しかし、こういったことは、できれば避けた方がいいでしょう。 お互いが冷却期間をおくのは悪い・・・

浮気から子供がいる場合の離婚

浮気問題が浮上し離婚を検討する場合、様々な面で問題となるのが子供に関することです。 子供がいない夫婦である場合、あるいはパートナーと浮気相手の間に子供ができていないようなら離婚はそれほど難しくな・・・