浮気は気まぐれ|浮気が離婚までのTOPに戻る

浮気から子供がいる場合の離婚

浮気問題が浮上し離婚を検討する場合、様々な面で問題となるのが子供に関することです。

子供がいない夫婦である場合、あるいはパートナーと浮気相手の間に子供ができていないようなら離婚はそれほど難しくないでしょう。

そういった場合は、お互いの考えを言い合った上で今後どうするか決定すればいいのです。

しかし、子供がいると問題は複雑となります。養育費に関することや親権をどうするかなど、いろいろなことを検討しなければいけないくなります。

収入というのは人によって変わってくるので、養育費については夫婦の間で相談して金額を決めることがほとんどです。

お互いが納得できる金額が定まらない場合は、家庭裁判所を使って話し合うことになります。

養育費の相場としては、1ヶ月につき2〜6万円程度といったところでしょう。進学などなんらかの理由で、一時的に増額する場合もあります。

どうしてもすぐに離婚したいという人は、養育費は必要ないと考えてしまいがちです。

しかし、養育費については後悔しないように冷静に考える必要があります。

特に女性が1人で子育てをしていくとなったら、養育費なしでは生活が苦しくなってしまうかもしれません。

それから、子供のことを考えて離婚という選択肢は選ばないという人もいるようです。

ですが、そのことが子供にいい影響を与えるかどうかは難しいところです。

離婚をした方が子供にとってもいいケースもあるので、子供の意見も確かめておくようにしましょう。

浮気は夫婦にとっての問題ですが、離婚というのは家族の問題だということを頭に入れて置く必要があります。

関連コンテンツ

浮気で離婚をした後の生活

パートナーが浮気をしていることが判明して、ショックを受けて家出をしてしまう人も少なくありません。 しかし、こういったことは、できれば避けた方がいいでしょう。 お互いが冷却期間をおくのは悪い・・・

浮気による離婚について

浮気された場合に、すぐに離婚を検討する人は少なからずいるのですが、反面、離婚をすぐさま検討するのではなく、もう1度やり直すという方法を選ぶ人もいるようです。 離婚をするとなると、お互いが同意・・・