浮気は気まぐれ|浮気が離婚までのTOPに戻る

浮気で慰謝料を請求する

パートナーが浮気をした場合には、慰謝料を請求することができます。

そのときの争点となるのが、不貞行為の有無です。
不貞行為というのは、配偶者がいるのに配偶者以外の異性と自由意思のもと肉体関係を結ぶということを指します。

不貞行為の事実があると、離婚をするしないに関わらず慰謝料の請求が可能となります。

慰謝料の額は離婚しないケースは、離婚したケースよりもは少なくなります。

慰謝料は、浮気をしていたパートナーとその浮気相手に向けて請求することになります。

慰謝料請求は確たる証拠がなかったとしても、請求が不可能ということはありません。

しかし、相手が浮気の事実を否定したり、具体的な浮気内容が不明の場合は、請求は難しくなってきます。

慰謝料の請求をする場合は、はじめから裁判を起こさない方がいいとされています。

はじめに内容証明で慰謝料の請求するというのが、一般的な方法なので、裁判となると高額な費用が必要となります。

可能であれば内容証明だけで支払いをしてもらえた方がいいわけですから。

このときに重要視されるのが、証拠です。

確たる証拠があれば、裁判を起こすまでもなく支払いに応じてもらえる確率が高いのです。

仮に裁判をしたとしても、証拠が提出できれば不利になることはないはずです。

あらかじめ証拠を集めてから請求すれば、想定よりも多額の金額を請求できたというケースもあります。

お金はあって困らないものなので、離婚後の生活を確かなものにするためにも慰謝料請求をする場合は計画的に行うように考えた方がいいでしょうね。

関連コンテンツ

浮気による慰謝料の金額

浮気をされて慰謝料請求を行うとしたら、一般的にいくらくらいになるのでしょう。 この金額は、当然ながら人によって異なります。 慰謝料を請求する相手の収入は当然として、どの程度精神的な負担を受・・・

浮気で慰謝料請求をされたら

結婚している人が浮気をして、浮気相手のパートナーから慰謝料の請求を受けたらどうすればいいのでしょう。 一時的な感情で行動するとよくない結果を招いてしまうので、まずは心を落ち着かせることが大切です・・・