浮気は気まぐれ|浮気が離婚までのTOPに戻る

浮気で慰謝料請求をされたら

結婚している人が浮気をして、浮気相手のパートナーから慰謝料の請求を受けたらどうすればいいのでしょう。

一時的な感情で行動するとよくない結果を招いてしまうので、まずは心を落ち着かせることが大切です。

多くの場合、慰謝料請求は内容証明郵便によって手紙で送付されます。
はじめに、差出人を確認します。

浮気相手のパートナーではなく、弁護士や行政書士の名前が書かれているのなら、法的な方法がとられていることがわかります。

その場合は、身に迫る危険などはないと言えるでしょう。

ただし、人によっては書類を出しても反応が遅いことに怒って、自宅や職場に来る場合もあります。

そういった危険性がある場合は、できるだけ早く対応する必要があります。

行政書士や弁護士のサポートを得て、準備を進めておくようにしましょう。

続いて、慰謝料を支払う必要があるのかどうか確かめます。

たとえば、不倫をしている段階で相手が離婚を予定して別居をしている場合があります。

それ以外にも、合意なく肉体関係を強要された場合、相手が結婚している事実を把握していなかった場合なども、慰謝料を請求することはできません。

相手が慰謝料の請求権を持たない場合、それを知ってもらうために説明をしなければいけません。

そのため、正統な理由があったとしても、内容証明を無視していいということではないのです。

何の反応も示さないでいると、こちらにとって好ましくない展開となってしまうこともあります。

浮気をしている間に相手に及ぼした精神的な負担や迷惑などを考慮した上で、請求された金額が適切かどうか判断しなければいけません。

関連コンテンツ

浮気による慰謝料の金額

浮気をされて慰謝料請求を行うとしたら、一般的にいくらくらいになるのでしょう。 この金額は、当然ながら人によって異なります。 慰謝料を請求する相手の収入は当然として、どの程度精神的な負担を受・・・

浮気で慰謝料を請求する

パートナーが浮気をした場合には、慰謝料を請求することができます。 そのときの争点となるのが、不貞行為の有無です。 不貞行為というのは、配偶者がいるのに配偶者以外の異性と自由意思のもと肉体関係を・・・