浮気は気まぐれ|浮気が離婚までのTOPに戻る

浮気による慰謝料の金額

浮気をされて慰謝料請求を行うとしたら、一般的にいくらくらいになるのでしょう。

この金額は、当然ながら人によって異なります。

慰謝料を請求する相手の収入は当然として、どの程度精神的な負担を受けたのかによっても金額は違ってくるのです。

大まかには、50万〜300万円ほどの慰謝料の額が多いとされています。

浮気が原因となって離婚に至った場合は100万〜300万円、慰謝料を請求しても結婚は続ける場合は50万〜150万円が目安となるでしょう。

慰謝料は様々なことが考慮された上で決定するものですが、どちらが主導で不倫をしていたかということも重要視されます。

たとえば、自分のパートナーの方が不倫に熱心だったとしたら、浮気相手に請求可能な慰謝料は少なくなるでしょう。

それから、慰謝料の請求は浮気相手に限らず、自分のパートナーに向けて行うことも可能です。

ですが、これは絶対に請求可能ということではなく、片方に高額な慰謝料を請求していたとしたら、もう一方には請求不可能なケースもあります。

また、浮気相手も他の誰かと結婚しているといった場合もあるでしょう。

こういったダブル不倫の場合は、慰謝料請求は可能ですが、多くの場合は不倫相手のパートナーから自分のパートナーに向けて慰謝料請求がなされるはずです。

金額に関しては、双方の話し合いの結果で変化していきます。

自分が相手に請求する場合は、丸め込まれないように注意する必要があるでしょう。

関連コンテンツ

浮気で慰謝料請求をされたら

結婚している人が浮気をして、浮気相手のパートナーから慰謝料の請求を受けたらどうすればいいのでしょう。 一時的な感情で行動するとよくない結果を招いてしまうので、まずは心を落ち着かせることが大切です・・・

浮気で慰謝料を請求する

パートナーが浮気をした場合には、慰謝料を請求することができます。 そのときの争点となるのが、不貞行為の有無です。 不貞行為というのは、配偶者がいるのに配偶者以外の異性と自由意思のもと肉体関係を・・・