車検について知っとこのTOPに戻る

車検に必要な書類

車検を受けるときに必要とされる書類があり、書類を用意していない場合、検査を受けることができなくなります。

まず車検には3種類あります。
新規検査:登録を受けていない自動車を検査に出す場合の新規検査。
継続検査:車検の有効期限が満期になっているために検査を受ける場合の継続検査。
構造変更検査:自動車を改造して自動車の大きさが変わってしまった場合の車検。

通常私達が受ける車検は、継続検査ですから、継続検査に伴う必要な書類です。

継続検査の場合、自動車検査証と自動車検査表、点検記録簿がまず必要になります。
点検記録簿には過去の整備記録が記載されています。

次に、税金関係の支払証明書類を提出します。
自動車税納税証明書や自動車重量税納付書といったものの提出が必要です。
これらの税金を支払うと金融機関から半券が渡され、この半券を検査時に提出します。

自賠責保険証明書も提出に必要な書類です。

継続検査申請書も必要ですが、車検に車を出したときに作成できる場合もあります。

車検には、一般的な整備工場に車を出して行う場合も、ユーザー車検の場合も、どちらの方法で車を検査に出しても、必要とされる書類は同じです。
関連コンテンツ

車検の時にはまず、見積を!

車検を受けることはやはりそれなりにまとまった費用がかかります。 車検の費用は、それぞれの工場によって違ってきます。 車検を受ける時にちょっとした工夫をすることで、車検の費用を安くすることが・・・