車検について知っとこのTOPに戻る

軽自動車の車検

車の所有者は定期的に車検を受けなければいけませんが、軽自動車の場合は、比較的簡単に車検を受けることができます。

軽自動車の車検の特典は、まず費用が安いということ、2つ目に手続きが簡単あるということになります。

車検費用については、まず検査手数料があり、普通自動車の場合1500円ですが、軽自動車の場合1400円になっています。

また自賠責保険の支払いもありますが、有効期限2年で12600円以上かかる普通自動車と比較して軽自動車は8800円で済みます。

車検に関する手続きも簡単で、必要書類は自賠責保険の証明書、軽自動車税納税証明書、点検記録簿と自動車検査証になっています。

普通自動車の納税証明書の場合、申請をして初めて発行をしてもらうのに比べ、軽自動車納税証明書は、郵送されてきますから、手間を一気に省くことができます。

検査にかかる時間も比較的短めで、多少の違いがあるかもしれませんが、たいていは1時間程度ですべての手続きが完了します。

ただし、軽自動車の場合、普通自動車とは違うところで検査が行われますから、ユーザー車検の場合には確認が必要です。

普通自動車の場合、陸運局が管轄している検査場で検査を受けますが、軽自動車の場合には、各都道府県に設置されている軽自動車検査協会で受けます。
関連コンテンツ

車検と自動車検査証

車検を受けて基準を満たしていると判断された場合には、自動車検査証が発行されます。自動車検査証は、自動車の検査日において、自動車保安基準に適合していることを証明する書類になります。 自動車を運行す・・・

中古車の車検

中古車を購入する時には、購入しょうとする中古車の車検がいつになっているかはチエックが必要です。 中古車販売で展示されている車は、車検の観点から見てみると、検査を受けた直後の中古車や、しばらくは検・・・

公認車検とは改造車両の車検

自動車の改造を行った場合には、車検を受ける必要があり、これを公認車検といっています。 公認車検を受けて承認されれば、改造車両についてはその自動車は国が定める安全性の基準を満たしていることの証明に・・・