クレジットカードの用途(ETC)とグレードのTOPに戻る

クレジットカード選択のまとめ


クレジットカードはブランドカードでもグレードで何種類もあり、とにかく、現在は、たくさんのカードが氾濫している状態です。カードの比較をするための各カードのポイントをリストアップしました。

■得点や目的別で見る場合
 ・年会費で選ぶ・・・初年度年会費無料・次年度は一定額の利用で無料/永年年会費無料
 ・ガソリンカード・・・車両トラブルに対するサービス付帯
 ・ETCカードの付帯
 ・買い物で特典・・・買い物・食事で/ネットショッピングでお得
 ・得点・・・入会得点/ポイント還元率が高い
 ・マイルがたまる・・・ANA/JAL
 ・携帯電話の支払いがメリット
 ・海外・国内旅行でメリット

■対象者別で見る場合
 ・ビジネスマン向け
 ・女性向け
 ・学生向け

■付帯保険別で見る場合
 ・国内外旅行保険
 ・ショッピング補償保険

■系列別で見る場合
 ・銀行系クレジットカード
 ・信販系クレジットカード
 ・メーカー系クレジットカード
 ・流通系クレジットカード
 ・石油・オイル系クレジットカード

■国際ブランド別で見る場合
 ・VISA
 ・MasterCard
 ・アメリカン・エキスプレス
 ・JCB
 ・ダイナーズクラブ
カードの選別では持っていることで負担にならないカードが決め手になるでしょう。そうなればやはり、まずは年会費無料クレジットカードというのが大きな基準となります。
たとえば、年会費無料クレジットカードには次のものがあります:
 ・「出光カードまいどプラス」
 ・「NTTグループカード」
 ・「UFJ VIASOカード」
 ・「NICOS VIASOカード」
 ・「TSUTAYA Wカード」
 ・「Yahoo!JAPANカード」
 ・「ライフカード」
 ・「SBIカード」(レギュラーカード)
 ・「シティクリアカード」
 ・「クオークカード」
 ・「freeBO! USカード」
 ・「KARUWAZAカード」
 ・「クラブドンペンカード」
 ・「さくらJCB LINDA」

年会費無料クレジットカードのなかで、それぞれの目的に合わせての選択になるでしょう。旅行好きの人は国内海外旅行保険が付帯しているものをえらぶでしょうし、ショッピング、特にネットショッピングなどを頻繁に利用する人はショッピングの補償保険が付帯しているものを選ぶとよいでしょう。

関連コンテンツ

クレジットカードの選択「日常生活で利用する」

案外「お得」感のあるのが、日常生活に身近なドラッグストアやコンビニのクレジットカードであるかも知れません。 ドラッグストアやコンビニでの買い物が多い人にはポイント還元が僅かでも、年会費無料のクレジッ・・・

クレジットカードの使用目的別のカード選択基準

年会費無料のクレジットカードを所有するのは負担にお思えないので魅力的です。しかし、いくら年会費無料のクレジットカードであっても、やたらたくさんのクレジットカードをもつことは、偽造犯罪やフィッシングのリ・・・