クレジットカードの用途(ETC)とグレードのTOPに戻る
「クレジットカードの用途(ETC)とグレード」トップ >  クレジットカードの選択基準 > クレジットカードの選択「日常生活で利用する」

クレジットカードの選択「日常生活で利用する」


案外「お得」感のあるのが、日常生活に身近なドラッグストアやコンビニのクレジットカードであるかも知れません。
ドラッグストアやコンビニでの買い物が多い人にはポイント還元が僅かでも、年会費無料のクレジットカードで、頻繁に使用することで、
累積されるポイントを考えると一番お得なカードになります。

たとえば大手薬局のサンドラッグのクレジットカードの場合ですが・・・。

「サンドラッグクレジットポイントカード」は、現在WEB入会スタートキャンペーン実施中ということもありキャンペーン期間に入会するともれなく1000円分のサンドラッグクーポン券と1000円分のJデボで合計2000円分が得する特典があります。
Jデボとは、カードショッピングの利用代金からJデボ金額を差し引いて請求するというもので、カードの利用代金のうち1000円分が無料になります。

サンドラッグ以外の日本国内、海外での買物は、現金で100円につき1ポイントです。かなりの高ポイントです。このポイントは500円分として買物のときに利用されます。

つまり、通常、サンドラッグで買物を現金ですると、100円で1ポイントつきます。そのときにサンドラッグの年会費無料クレジットカードで支払うと、さらに1ポイントつきますから、100円で2ポイントつくということです。
サンドラッグのお店以外では、200円で1ポイントと半分になります。これは500ポイントからサンドラッグの商品券と交換できます。
さらに嬉しいのは、これらのサンドラッグの商品券とは「別に」、ジャックスラブリーポイントがつくのです。これは1000円に1ポイントとわずかですが、それでもサンドラッグの券とは「別」に商品やギフト券と交換できます。

関連コンテンツ

クレジットカード選択のまとめ

クレジットカードはブランドカードでもグレードで何種類もあり、とにかく、現在は、たくさんのカードが氾濫している状態です。カードの比較をするための各カードのポイントをリストアップしました。 ■得点や・・・

クレジットカードの使用目的別のカード選択基準

年会費無料のクレジットカードを所有するのは負担にお思えないので魅力的です。しかし、いくら年会費無料のクレジットカードであっても、やたらたくさんのクレジットカードをもつことは、偽造犯罪やフィッシングのリ・・・