介護資格を受験するサイトのTOPに戻る
「介護資格を受験するサイト」トップ >  介護資格民間資格 > 介護保険事務の資格は2種類

介護保険事務の資格は2種類

介護保険事務の資格者の仕事は、介護保険が適用されている老人保健施設や在宅介護サービス事業所などで事務業務を行います。

介護保険事務の資格は、国家試験などはなく、民間の団体が認定する講座を修了することで取得することが出来ます。
介護事務の資格には大きく2種類あります。
誰でも受験出来る介護事務管理士の資格と一定の要件を満たすことで
受験出来る介護保険事務管理士の資格です。

介護事務管理士の資格は実務経験や履修した科目を問わず、誰でも受験が出来て、在宅での受験も可能で敷居が低いのが魅力的です。

介護保険事務管理士はホームヘルパーや介護福祉士、保育士、社会福祉士などの勉強をしているような、より専門的な知識が要求される資格です。

就職に役立てる、今の仕事からスキルアップしたい場合には、介護事務管理士の資格がおすすめです。さらに、介護事務は有資格者よりも求人の方がが多いのが実状のようです。

介護保険事務管理士の資格を取得するための講座では、介護保険事務の概要、介護報酬請求やケアプラン実施のサポート、施設における接遇対応業務などを学び、実技ではレセプト作成を行います。

介護保険事務管理士の資格は、通学制と通信制で取得することが可能で、通常は10ヵ月かけて介護や医療事務の知識をしっかり学びますが、短期講座では3日で習得することが出来ます。


資格を取得できる団体は数多くありますが、どこの講座を受講しても基本的なスキルにあまり違いはないようです。
関連コンテンツ

介護食士の資格

介護食士は、介護を必要とする人の食事をサポートする大切な役割を担っています。 高齢者社会の日本で介護や福祉関係の仕事が増える中、介護食士の仕事は食を支えるプロとして存在意義は高くなっています。 ・・・