介護資格を受験するサイトのTOPに戻る

ケアマネージャーの介護資格

ケアマネージャーは介護支援専門員とも呼ばれ、高齢化する日本社会においてかかすことの出来ない資格のひとつです。

ケアマネージャーの役割は、介護サービスを「ケアマネジメント」という新しい手法によって、介護を受ける高齢者に効率的・効果的に介護サービスを提供するものです。

ケアマネージャーの活躍の場は、居宅介護支援事業所や在宅介護支援センターだけに止まらず、介護保険施設やグループホーム、有料老人ホームへと広がっています。

また、ケアマネージャーの資格は、福祉分野だけでなく、保健や医療分野の幅広い知識が必要になります。

専門職のため、受験資格にも決まりがあります。
ケアマネージャーの受験資格は、医師や看護師、介護福祉士などの国家資格を所持している方や、介護施設や福祉施設で10年以上の実務経験がある方、老人福祉施設や障害者施設で相談援助業務の従事経験がある方でなければ、受験することが出来ません。

介護福祉士の資格を持っている方がケアマネージャーの資格を取得することで、介護に必要な手順や時間をすぐに明確にすることが出来るようになります。

またさまざまな分野で活躍しているケアマネージャーとの会議や研修会で意見交換をすることで、知識や技術を共有することができ、その後の仕事の幅を広げることにつながります。

介護福祉士の資格を所持している方は、ケアマネージャーの資格を取得し仕事の幅を広げて、多くの人によりよいサービスを提供していけるようにスキルアップを図るのが良いでしょうね。