介護資格を受験するサイトのTOPに戻る

介護福祉士の資格

介護福祉士は、おもにホームヘルパー(訪問介護員)や、特別養護老人ホーム、身体障害者施設等の社会福祉施設の介護職員として介護業務にあたっています。
高齢化している社会の中で、介護福祉士に求められる役割は大きく、高齢者や障害者の身の周りのお世話をするだけではなく、生活全般にかかわることで高齢者を支えている仕事です。

介護福祉士は国家資格が必要で、養成施設を卒業するか国家試験を受ける必要があります。

介護福祉士の養成施設は専門学校や短期大学、大学などで2年以上学ぶ必要があり、卒業と同時に資格を取得することが出来ます。

介護福祉士の国家試験を受ける場合は、介護施設などでの実務経験が3年以上ある人もしくは、高等学校の福祉科を卒業した人に受験資格があり、試験に合格すると資格を取得することが出来ます。

介護福祉士の資格は、介護を必要としている人の手助けや介護している家族に正しい介護人法を教えることができる仕事で、とてもやりがいがあり、人気が出ている資格になっています。

しかし、医師や看護師とは違うため、点滴や注射などの医療行為は行うことが出来ません。
仕事の現場が病院の場合は、介護者の生活を支えることが仕事なので、出来る範囲と出来ない範囲を把握しておくことは重要です。

介護福祉士の資格を取得し、それぞれの人に合った介護サービスを提供していきましょう。