キャッシングの金利

 

キャッシングには種類や融資金額によって金利が異なってきます。

 

金利は、貸付業を行っている会社によって数%〜20%前後で金利を設定していますが、法律で

 

金利の上限が決められています。

 

法律の上限以上の金利を設定している場合は、貸金業者の契約が無効になったり、罰せられたり

 

します。

 

キャッシングの金利を決める法律には2種類あります。

 

一つは、「利息制限法」で、金利の上限が15%から20%に設定されている法律です。

 

決められた上限以上の金利分は、法律上では無効になる内容です。

 

もう一つは、刑事罰の対象となる「出資法」です。

 

出資法では、金利の上限が20%とされており、これ以上の金利を設定した場合には、10年以下の

 

懲役や3千万円以下の罰金が科せられることになっています。

 

 

そこで、実際に、キャッシングやカードローンを利用するときに気になるのが金利です。

 

当然ながら金利が低くいとその分返済負担が減ります。

 

キャッシングを選ぶ際に比較するのはまず金利でしょう。

 

4.7%〜18.0%の実質年率のキャッシングを選んでも、申込をしてはじめから4.7%という超低金利での

 

借り入れができることは殆どありません。先ず、スタートは上限金利の18%での借り入れになると考えて

 

おいたほうがよいでしょう。

 

キャッシングの金利関連ページ

キャッシングの申込方法
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。
キャッシングの返済方法
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。