キャッシングでのブラックリスト

 

キャッシングでのブラックリストという言葉を耳にしたことがありませんか。

 

でも、金融業界ではブラックリストというリスト自体は存在していないようです。

 

ですから要注意人物の名前が載っているブラックリストは、そもそも存在していないようです。

 

通常、クレジットカードを作ったりローンを組んだり、キャッシングなどの融資を受け場合、顧客の

 

個人情報が「信用情報機関」に登録されます。

 

そこで、個人信用情報機関に登録されている情報には、返済が正常に行われているホワイト情報と

 

ある一定期間返済が滞ったり,破産が生じた場合などの事故情報となるブラック情報があります。

 

このブラック情報と呼ばれるものが、ブラックリストと呼ばれるようになっているようです。

 

事故情報は、返済の延滞内容や延滞後の返済について、代位弁済、取引停止などの、延滞が

 

あってからの情報すべてがブラック情報として登録されます。

 

このように事故情報(ブラックリスト)が信用情報機関に記載されてしまうと、多くの金融取引が制限

 

されてしまいます。

 

事故情報が信用情報に乗ってしまった場合、一定期間事故情報が消えません。

 

事故情報が消えるのは、信用情報機関によって異なりますが、「事故の解消から」下記の期間が

 

必要となります。

 

 延滞:1〜5年

 

代位弁済:5年

 

任意整理:5年

 

自己破産:5〜10年

 

キャッシングを上手に利用するには、信用が第一です。

 

ブラック情報に登録されるような借り方はしないことが大切です。

 

キャッシングのブラックリスト関連ページ

キャッシングの取立て
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。
キャッシングのトラブル
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。
キャッシングの悪徳業者
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。