キャッシングの悪質業者

 

キャッシングには悪質な金融事犯が増加し、悪徳業者による高金利での貸付被害が後を絶たない

 

現実があります。

 

キャッシング・カードローンの利用にあたっては悪質業者の手口を知り、優良業者と悪質業者を区別

 

出来るようにしておくことが大事です。

 

悪徳業者は「紹介屋」や「整理屋」、「買取屋」等と呼ばれていて、様々な種類・手口があります。

 

@登録詐称業者:

 

キャッシングなどの貸付業を行う事業者は、都道府県に貸付業登録を行う必要があります。

 

貸付業登録業者は3年に1度更新する必要があります。そのため、広告の登録番号の表示に

 

架空の登録番号や他の貸金業者の登録番号を使用して登録業者を偽ってキャッシングサービスを

 

行います。

 

A090金融:

 

固定電話の連絡先を持たず、勧誘のチラシに携帯電話の番号と業者名しか書かず、正体をあかさない

 

まま、違法な高金利で小口の融資を行うです。

 

「闇金融」の代表例で、チラシなどに、「090」から始まる電話番号しか載せない金融業者です。

 

ほぼ全てが、法定以上の金利を要求するヤミ金融業者です。

 

Bチケット金融:

 

商品券や鉄道回数券を買わせ、金券ショップなどで換金させます。

 

換金した差額は利息の割合以上になってる悪徳金融です 。

 

C押し貸し:

 

契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振込み、法外な高金利の利息などを請求する

 

手口です。

 

D紹介屋:

 

あたかも、まるで低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態は

 

よくない。だから、うちでは貸せないので他の店を紹介する」などといって、他の店で借りるように指示し、

 

借入れた金額の一部を紹介料としてだまし取る手口です。

 

E整理屋:

 

新聞の隅などに「借金整理、お任せください!!」「あなたの借金を解決!」「債務を整理・解決します」

 

などと広告し、多重債務者から「整理手付金」といった名目で現金などをだまし取る手口です。

 

この場合、相談に行ったときに弁護士もしくは司法書士が出て来なくて、事務長と称する事務員が取り

 

仕切っているのが共通しています。

 

F年金担保金融:

 

年金生活者を対象に、年金証書・貯金通帳・銀行印・クレジットカードなどを担保にして融資をします。

 

こうした年金などを担保とした融資は、公的金融業者以外には認められていません。

 

◇悪質業者にひっかからないポイント

 

キャッシングには必ず金融に関する登録番号を持った業者で融資を受ける。

 

貸付業登録番号の前の<>内の数字は、登録回数を示していて、この数字が大きいほど、貸付業の

 

実績が長いことがわかります。

 

キャッシングの申し込みの際に、返済方法や手数料、利息計算などの説明をしっかりと行ってくれる

 

業者を選ぶことです。

 

頻繁に掛かってくる電話での勧誘、ダイレクトメール、電柱の張り紙や広告でうたわれる低金利や甘い

 

言葉の宣伝には応じないようにしなければなりません。

 

 

 

キャッシングの悪徳業者関連ページ

キャッシングの取立て
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。
キャッシングのトラブル
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。
キャッシングのブラックリスト
キャッシング安全安心ガイド。 不意に資金が必要な時、初心者に、安全安心な
キャッシング。
安全安心なキャッシングの金利、申込み、審査、 返済方法情報。
安全安心なキャッシングと上手な付き合い情報。