幼稚園を選ぶポイントのTOPに戻る
「幼稚園を選ぶポイント」トップ >  幼稚園選びのポイント > 幼稚園を選ぶポイント〜幼稚園の規模

幼稚園を選ぶポイント〜幼稚園の規模

幼稚園の選び方のポイントに「園の規模」にすることも多くあります。

規模の定規はこの場合、園児達の数であり、1クラスの人数を対象に考えます。幼稚園全体の園児の数が90人程度だとすると、年少・年中・年長の3学年あれば、各1クラスで30人程度の規模といえます。

大規模な園とされているのが、園全体では300人以上で、各学年が複数クラスとなっている状態になるでしょう。

小規模な幼稚園を選んだときのメリット
・子ども達同士、御互いを知り合うようになってきます。
・先生の目が子供たち個々に行き届きやすく、細かに見てくれます。
・親同士の交流も身近になってきます。
・担任の先生だけでなく、園長先生も含めて園で働く先生や園を取り巻く大人の人達が園児を把握しやすい環境になっています。

小規模な幼稚園を選んだときのデメリット
・保護者の数も少なくなるので、委員などの世話役の順番が早くまわってきます。
・少ない人数の環境に慣れてしまい、大人数の集団生活での行動に途惑いがでるかもしれません。

大規模な幼稚園の場合のメリットが
・幼稚園の行事などは多彩にすることが出来盛り上がります。
複数クラスのため、仲間意識が芽生えるかもしれませんね。
・大人数の集団生活で動くので小学校に上がった最初の頃は楽かもしれません。
・幼稚園での親の世話役の仕事の分担は減ることが予想されます。

デメリットとしては、
・先生や園長先生などの目が行き届きにくいかもしれません。
・保護者の参加が少なめで楽な反面、保護者会活動を把握しづらいこともでてきます。

一応のメリット、デメリットは考えられますが、幼稚園の特色と捉えれば、幼稚園を選ぶ場合の決め手にはなりにくいかもしれません。
関連コンテンツ

幼稚園を選択する際のチエック項目

幼稚園を選ぶ際に気になるのは用意されているサービスの項目です。 幼稚園バスの送迎は送り迎えが自宅から近くになるので送迎時間が短縮できるのですが、子供と歩いて行き帰りする間の会話も捨て難いものがあ・・・

公立幼稚園か私立幼稚園か!

住んでいる街に公立幼稚園があれば、公立にするか私立にするかのどちらかを選択することになります。 公立の幼稚園は、通常、私立に比べて費用がかからないとか、先生が経験豊富であるといったメリットがあるので・・・

幼稚園を選ぶポイント〜保育期間

幼稚園にはその保育期間として、2年保育と3年保育があり、どちらを選ぶかで悩まされます。 公立幼稚園では2年保育が殆んどになっています。 現在の状況は3年保育で幼稚園を選ぶ人が多くなっている傾向・・・