幼稚園を選ぶポイントのTOPに戻る
「幼稚園を選ぶポイント」トップ >  幼稚園選びのポイント > 幼稚園を選ぶポイント〜保育期間

幼稚園を選ぶポイント〜保育期間

幼稚園にはその保育期間として、2年保育と3年保育があり、どちらを選ぶかで悩まされます。
公立幼稚園では2年保育が殆んどになっています。

現在の状況は3年保育で幼稚園を選ぶ人が多くなっている傾向にあるようですが、3年保育か2年保育かの選択は親の立場で決めるか子供に対しての視点で決めるかになってきます。

普通、子供が3歳になると、集団での生活体験を味わせたいといった考え方があります。

3年保育ですと、家庭のなかでは経験できない社会性を身につけることが出来、同年齢の友達ができて、幼稚園生活の楽しさ味わえることが大きなメリットです。

親の立場にしても、子どもが園に行っている間の時間をフルに使えるようになるので、その分家事や自分のことができたり、下の子とのスキンシップの時間が増えるなどで気分的にゆとりが生まれます。

反面、同じ3歳でも個々の子供にとってはまだ家庭の中で親や兄弟と一緒の時間をゆっくりと過ごしていく方がいいという考えもあり、3歳だからといって一律に区切って決められるものでもありません。

また、一年分の幼稚園にかかる費用も結構大きいものがあります。

親の仕事やその他の都合もあって、費用はかかっても3年保育を選ばなければという事情からの考え方もあります。

2年保育か3年保育かに迷った場合、子供の様子を観察して、子供自身がエネルギーをもてあましていると感じたら3年保育に、まだまだぺったりと親の傍を離れないのであれば2年に、といったポイントで選ぶ方法もあります。

最終的な結論はその子の性格や成長具合、他の兄弟や家族との関係、親の精神的なことや仕事、費用の面などによってくるのでしょう。
関連コンテンツ

幼稚園を選択する際のチエック項目

幼稚園を選ぶ際に気になるのは用意されているサービスの項目です。 幼稚園バスの送迎は送り迎えが自宅から近くになるので送迎時間が短縮できるのですが、子供と歩いて行き帰りする間の会話も捨て難いものがあ・・・

公立幼稚園か私立幼稚園か!

住んでいる街に公立幼稚園があれば、公立にするか私立にするかのどちらかを選択することになります。 公立の幼稚園は、通常、私立に比べて費用がかからないとか、先生が経験豊富であるといったメリットがあるので・・・

幼稚園を選ぶポイント〜幼稚園の規模

幼稚園の選び方のポイントに「園の規模」にすることも多くあります。 規模の定規はこの場合、園児達の数であり、1クラスの人数を対象に考えます。幼稚園全体の園児の数が90人程度だとすると、年少・年中・・・・