幼稚園を選ぶポイントのTOPに戻る
「幼稚園を選ぶポイント」トップ >  幼稚園選びのポイント > 公立幼稚園か私立幼稚園か!

公立幼稚園か私立幼稚園か!

住んでいる街に公立幼稚園があれば、公立にするか私立にするかのどちらかを選択することになります。
公立の幼稚園は、通常、私立に比べて費用がかからないとか、先生が経験豊富であるといったメリットがあるのですが、現在地方自治体の公立幼稚園の数が減ってきています。

幼稚園よりも保育園を選ぶ人が多く、また、公立幼稚園は殆んどが2年保育ですから、3年保育を希望する家庭も多くなってきている現状から、地方自治体としては公立の幼稚園を増やす考えになっていません。

もし、公立幼稚園がある場合、公立幼稚園の定員より入園希望者が多い場合はどういう対処がされるか、予め、公立幼稚園のある役場に問い合わせておく必要があります。

2年保育のみの公立幼稚園を選んだ場合は、当然ですが3年保育に比べて一年間は入園が延びます。

その間は家庭で過ごすわけですので、公立幼稚園を選ぶか私立幼稚園を選ぶかは2年保育にするか3年保育にするかの選択に置き換えて考えることになります。

その他、公立幼稚園と私立幼稚園で違いがありそうなの点をリストアップしてみますと、公立は徒歩通園が多く、私立は通園バスが利用できるます。
公立幼稚園はお弁当が多く、私立幼稚園は給食、或いは給食とお弁当の混合型が多いようです。
延長保育は公立は無くて、私立の多くは有ります。

また、運動会や音楽会などの行事への力の入れ方は、公立幼稚園に比べて私立幼稚園の方が大きいかもしれませんね。
関連コンテンツ

幼稚園を選択する際のチエック項目

幼稚園を選ぶ際に気になるのは用意されているサービスの項目です。 幼稚園バスの送迎は送り迎えが自宅から近くになるので送迎時間が短縮できるのですが、子供と歩いて行き帰りする間の会話も捨て難いものがあ・・・

幼稚園を選ぶポイント〜保育期間

幼稚園にはその保育期間として、2年保育と3年保育があり、どちらを選ぶかで悩まされます。 公立幼稚園では2年保育が殆んどになっています。 現在の状況は3年保育で幼稚園を選ぶ人が多くなっている傾向・・・

幼稚園を選ぶポイント〜幼稚園の規模

幼稚園の選び方のポイントに「園の規模」にすることも多くあります。 規模の定規はこの場合、園児達の数であり、1クラスの人数を対象に考えます。幼稚園全体の園児の数が90人程度だとすると、年少・年中・・・・