食材宅配サービス利用の生活スタイルのTOPに戻る

食材宅配サービスの持つデメリット

食材宅配サービスは料理にかかる時間が短縮され、買い物の手間が省けるなどのメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

宅配サービスの食材は、スーパーの特売を狙っての買い物ではないのですから、どうしてもコスト面で割高になります。

食材宅配のサービスのシステムは、当日のキャンセルは原則認められていません。急な予定の変更で料理が食べられずに、食材を余らすことがあります。

カタログを見ながら食べたいメニューがあっても、商品到着までのタイムラグがあります。食べたいものを作ってすぐ食べるという訳にはいきません。

また、食材宅配サービスはいろいろな食材を使い、栄養にも配慮されていて、バランスのよい献立になっています。
初めのうちはそのメニューが目新しく感じますが、やはり、周期的に同じメニューが繰り返されるのでその内、新鮮味は薄れてきてしまいます。

人によっては、いくつかの食材宅配サービスと契約して使い分けることでメニューのマンネリ感を避けている家庭もあるようです。

しかし、複数の会社のサービスを利用すると、それぞれに注文を出さなければならないという煩わしさがあります。

その上、宅配サービス会社によっては入会金や配達料がかかるところもあり、余分な経費がかかるというデメリットもあります。

便利で手軽な宅配サービスですが、デメリットの側面も認識が必要です。

食材宅配サービスを利用する際には、自分の生活のスタイルや家族の状況の変化などに合わせて、食材宅配サービスの特徴を活かすようにすると良いようです。
関連コンテンツ

食材宅配サービスを利用するメリット

食材を自宅まで配達してくれる宅配サービスのメリットは、食事の支度の買い物に行く必要がなくなり、その時間をほかに利用できることが先ず、挙げられます。 宅配サービスの利用は便利で手軽なので、共働きの家庭・・・