離婚は、結婚するよりも気力と忍耐が必要であると言われます。

後先を考えずに、感情を鎮めることなく離婚を進めることで、財産分与や慰謝料などで不利な状態になる恐れがあります。

新婚夫婦をはじめ、結婚年数が浅い夫婦で多い理由が、性格の不一致です。性格の不一致は結婚生活をスタートさせてから初めて性格の違いに気が付きます。

努力しても性格の違いが修復できず、”離婚したい”と思うまでに気持ちのすれ違いが膨らみます。

”離婚したい”と考えるケースは、結婚年数を重ねていてもあります。
熟年離婚は近年特に増えてきたと言われています。

離婚は法律に則った方法でなければ成立しません。
離婚したいからと離婚届を勝手に提出しても、受理されない場合もありますから、決められた手順を守らなければなりません。

”離婚したい”場合には、慰謝料も決められます。
原因が不貞行為や暴力、借金など、離婚が相当する場合に支払われるもので、夫婦のどちらか一方に離婚する明らかな原因がある場合に限られます。

どうしても、一緒に生活を続けられない夫婦の離婚の過程をお伝えします。