離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚したい > ”離婚したい”夫婦が知っておきたい公的援助

”離婚したい”夫婦が知っておきたい公的援助

”離婚したい””夫婦が知っておきたい公的援助
”離婚したい”夫婦が離婚後の生活に不安を覚えているのであれば、予め公的援助について調べておくべきでしょう。特に子供がいる夫婦であれば、ならさらのことです。

公的援助には、児童福祉手当や児童扶養手当などがあります。

また、”離婚したい”夫婦で子供を母親が引き取る場合には、より手厚く援助が受けれられることになっており、母子福祉資金の貸付制度、母子生活支援施設の利用、義務教育就学援助制度などもあります。

公的援助を受けるには、それぞれの制度を利用するのには条件があります。
「児童扶養手当」には、父母が離婚した後、生計が父親と一緒ではない児童ということが条件となります。

多くの制度で日本国内に住所がない場合は手当て支給の対象外となることが多く、そして、支給されるには所得の制限を設けている場合があります。

”離婚したい”際には、公的援助で子供の生活や教育がどれくらい補填できるのかも考えておきます。

離婚後の援助には、更に母子父子家庭医療費助成、水道・下水道料金の減免、所得税・住民税・自動車税の減免、公立高校の授業料減免、私立高校の授業料軽減貸付などもあります。

これらの援助を考慮しても自立した生活が送れるのか心配で、”離婚したい”が踏み切れない場合には、生活保護という手段もあります。

収入も、親族の協力も無く、最低限の生活が維持できないと思われる場合にのみ受けられる制度で、受給するには様々な制限があります。”離婚したい”意思が固い人は生活保護を利用することも考えられます。

関連コンテンツ

”離婚したい”なら将来の生活設計が大事

”離婚したい”のなら、離婚後の生活もしっかりと考えておかないと、後で大変な苦労をすることになります。 特に専業主婦の場合は離婚後の収入を得る方法を見つけるのは大変で、不安な生活を余儀なくされます・・・

離婚したいならより冷静に

”離婚したい”という気持ちに至るまでには夫婦の間に様々な経緯(いきさつ)があるものです。 夫婦は元々、生活環境が異なって育ってきたのですから、生活を共に過ごして感じた不満は何処かに感じるものでし・・・

離婚したいのなら離婚の意思を固めてから

”離婚したい”と常ずね考えていても、なかなか気持ちに踏ん切りを付けて、行動に起こせないこともあります。 一緒に生活をした夫婦でこそ、確かに、お互いを大切に思った時期があるでしょう。 夫婦の情が・・・