離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚と子供 > ”離婚したい”夫婦と子供との面会交渉権

”離婚したい”夫婦と子供との面会交渉権

”離婚したい”あるいは離婚が成立した夫婦にも、様々な悩みがあります。
離婚した後の子供の面会交渉権もそのうちの1つです。
”離婚したい”夫婦が話し合いで子供の親権者を決める際に、養育費などと共に離婚後、子供との面会についてのも設定されるもので、子供との面会の権利は親権者や監護者にならなかった側の正当な権利になります。

離婚したい夫婦には、離婚するだけの理由があり、たとえ権利だとしても相手に子供を会わせたくないと思う気持ちが発生するかも知れません。
しかし、子供にとって、どちらかの親との面会は、別居している親からの愛情を感じられる時間です。

面会することによって、子供の成長にプラスに働くことも多いでしょう。

通常は、月に数回の面会と、電話や手紙の遣り取りが認められます。

離婚したいという状況になっても、子供の心の福祉を考慮して、面会交渉権を詰めておくことが大事です。

しかし、反面、離婚したい理由が何らかの理由で家庭を顧みないことに端を発している場合には、子供に面会させることで返って子供に悪影響を与えるケースもあります。

夫婦間は離婚に納得していても、不貞などが離婚の理由にある時、子供は不倫をした側の親と面会することに嫌悪感を抱いてしまう場合もあり、無理に面会するのは子供の福祉に反する場合もあります。

離婚したい理由がDVなら、不用意にDVを起こす親に面会させることで子供に暴力を振るわれる可能性も無いとはいえません。

そのため、面会交渉権は、子供のいる夫婦すべてに認められているわけではなく、子供の側に立って考えられており、子供に会わせることでトラブルが起こるケースや、取り決めを守らずに勝手に会うことや、無理やり連れ去ろうとしたり、養育費を支払わないなどでは取り消されることもあります。

関連コンテンツ

”離婚したい”夫婦の戸籍と姓

”離婚したい”として話し合いに入る時には夫婦の戸籍や姓についても話して置くことが必要です。 離婚すれば、戸籍は別々になるので、夫を戸籍筆頭者にしている場合は、妻は夫の戸籍から除籍されることになり・・・

”離婚したい”夫婦と子供の養育費

”離婚したい”夫婦に子供がいると、離婚に際しては親権者の決定と共に養育費も決めることになります。 養育費は、子供の生活費や教育費、医療費などの育児に必要な費用のことで、成人するまでは親は扶養する・・・

離婚したい夫婦にとって子供の親権の悩み

”離婚したい”夫婦に未成年の子供がいた場合は、親権者を決めなければいけません。 決められた親権者は、子供の保育、監護、養育、教育と財産管理に責任を持ち、日常の世話をしたり、教育を受けさせ、子供の・・・