離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚と子供 > ”離婚したい”夫婦の戸籍と姓

”離婚したい”夫婦の戸籍と姓

”離婚したい”として話し合いに入る時には夫婦の戸籍や姓についても話して置くことが必要です。

離婚すれば、戸籍は別々になるので、夫を戸籍筆頭者にしている場合は、妻は夫の戸籍から除籍されることになります。

”離婚したい”妻は、結婚前の親の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作っることになります。

姓は、結婚前の姓に戻ることも、結婚したままの姓を名乗ることも可能で、仕事などで不都合がないようにきっちり選択すれば良いでしょう。

離婚しても姓をそのままにするには、離婚成立後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出すれば姓を継続して名乗ることが出来ます。

期間が過ぎてから旧姓に戻したいのなら、家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てを行うことで可能ですが、一般的に許可を取るのは大変とされます。

”離婚したい”夫婦に子供がいる場合にも、子供の立場からも考えておく必要があります。

結構、離婚したいけれど、子供の戸籍と姓をどうするかを悩んでいる方も多いようです。

”離婚したい”夫婦の戸籍筆頭者が父親なら、母親が親権者で同居もしていても子供の戸籍と姓は父親と同じになりますが、子供の戸籍と姓を変更もできます。
なお、子供が15歳以上の場合は、本人の意思で戸籍と姓の変更の許可を申し立てることができます。

同居した親の戸籍と姓に変更後でも、子供が成人して旧姓に戻りたいとすれば、20歳から21歳になるまでの1年以内に市区町村役場で手続を行うと、戸籍と姓を選択することが可能です。

関連コンテンツ

”離婚したい”夫婦と子供との面会交渉権

”離婚したい”あるいは離婚が成立した夫婦にも、様々な悩みがあります。 離婚した後の子供の面会交渉権もそのうちの1つです。 ”離婚したい”夫婦が話し合いで子供の親権者を決める際に、養育費などと共に離・・・

”離婚したい”夫婦と子供の養育費

”離婚したい”夫婦に子供がいると、離婚に際しては親権者の決定と共に養育費も決めることになります。 養育費は、子供の生活費や教育費、医療費などの育児に必要な費用のことで、成人するまでは親は扶養する・・・

離婚したい夫婦にとって子供の親権の悩み

”離婚したい”夫婦に未成年の子供がいた場合は、親権者を決めなければいけません。 決められた親権者は、子供の保育、監護、養育、教育と財産管理に責任を持ち、日常の世話をしたり、教育を受けさせ、子供の・・・