離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚の手続きと法律 > ”離婚したい”のだけど、離婚届を無効にする

”離婚したい”のだけど、離婚届を無効にする

離婚届にも盲点があります。

”離婚したい”夫婦のどちらか一方が、思い余って勝手に離婚届を提出してしまった場合、離婚届は、書き間違いなどがなければ基本的には受理されることになっています。

”離婚したい”と思っている中で、離婚届を夫婦間の話し合い無く、一方から無断で提出された場合には、離婚届を無効にするための手続が必要になってきます。

離婚に伴って、慰謝料や財産分与、子供の親権など、決めなければならないことはたくさんあります。離婚で決めなければならない事を決めないまま、知らぬ間に離婚が成立しては夫婦のどちらかにとって不利益が生じます。

この離婚に対抗して、離婚届けを無効にするためには訴訟を起こさなくてはなりません。

裁判によって認められれば、離婚は無効として戸籍からも離婚の記載が抹消されます。”離婚したい”との思いの中で「離婚は無効」との訴えは複雑なものです。

”離婚したい”と考えてはいるのですが、断り無く離婚届を提出されることを防ぐ方法があります。

”離婚したい”と意思表示の時点で、離婚届けの不受理申出書を予め提出しておきます。

この不受理申込書を提出しておくと、離婚届を受理されることはありません。

しかし、不受理申込書は有効期限があり、書類受付の6ヶ月まで有効ですから、離婚の話が長引くようなら6ヶ月毎に改めて手続をし、期間延長の申し出が必要です。

離婚の話がまとまったのなら、不受理申込書の取下書を出します。
取下書を出せば離婚届は受理されます。

不受理申込書は各市町村役場の窓口で入手できますから、必要事項を記入して本籍地の役場に提出します。ここで、本籍地以外で提出しても、本籍地役場に転送されることになっています。

離婚の話しが始まると万が一に備えて、不受理申込書の準備をしておくのも、離婚を賢く乗り切る方法になります。

関連コンテンツ

”離婚したい”夫婦が別居するには

”離婚したい”夫婦にあってはお互いに感情的になる事が多いので、冷静さを取り戻すためにも夫婦別居は良い方法でもあります。 夫婦が分かれて生活することで冷却期間を置き、”離婚したい”原因は何かを見極めた・・・

”離婚したい”場合の慰謝料

”離婚したい”場合には慰謝料も決めて離婚することが出来ます。 慰謝料が対象になる離婚の原因が不貞行為や暴力、借金などで、離婚が相当とすると認められる場合に慰謝料として、支払われるもので、夫婦のど・・・

離婚したい夫婦の財産分与

”離婚したい”夫婦の話し合いの内容には、財産についても話し合っておくことが必要です。 ”離婚したい”夫婦でいよいよ離婚成立となった時にに問題になるのが、財産分与です。 財産分与は婚姻期間中・・・

”離婚したい”から調停離婚を申し立て

”離婚したい”から離婚に至るまでには、夫婦の合意が必要となってきます。 しかし合意に向けての協議を続けても、夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることも一つの方・・・

”離婚したい”時の協議離婚について

”離婚したい”夫婦のおよそ90%が協議離婚をしているようです。 協議離婚は夫婦の話し合いで合意に至り、離婚届を提出すれば離婚成立となりますが、離婚する当事者同士での話し合いはかなり大変です。 ・・・

”離婚したい”時と離婚届の記入

”離婚したい”夫婦が話し合い、協議離婚するに至った場合には離婚手続を始めることになります。 離婚は法律に則った離婚手続きでなければ離婚が成立しません。 ”離婚したい”からと離婚届を勝手に提出し・・・

”離婚したい”に決める事柄

”離婚したい”気持ちがハッキリすると、生活基盤を固めることを中心にして、決めていく事柄を整理しながら、離婚成立を果たすようしなければいけません。 決めていく事柄は経済的な事が主になりますが、その・・・

離婚したい時とその種類

”離婚したい”の気持ちから離婚へと進むのには、様々な手続が必要ですが、離婚にはいくつかの種類があり、種類によって手続方法が変わってきます。 離婚の形で最も多いとされているのが協議離婚です。 ・・・