離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚の手続きと法律 > ”離婚したい”から調停離婚を申し立て

”離婚したい”から調停離婚を申し立て

”離婚したい”から離婚に至るまでには、夫婦の合意が必要となってきます。
しかし合意に向けての協議を続けても、夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることも一つの方法になります。

あるいは、協議離婚するのは意見が合致しているのに、財産分与や子供の親権、養育費などの条件面で折り合いが付かない場合や、暴力などで話がまともに出来ない場合も、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることで解決の方法を見出せるかも知れません。

離婚調停では、家庭裁判所の調停委員が”離婚したい”夫婦のそれぞれから話を聞き、離婚に合意するように、調停を働きかけてくれ、成立すれば調停離婚となります。

”離婚したい”としての話し合いは原因によりますが感情的になることが往々にしてありますので、冷静な話し合いをするには、第三者が中に入るのが良いでしょう。

調停は夫婦別々で行われ、入れ替わりで調停委員と話をし、離婚条件を話し合っていきます。

調停は数回行われ、一回に付き30分から1時間程度で、1週間〜1ヶ月の間隔で行われるようです。

離婚調停は”離婚したい”夫婦の間で合意が取り付けられるまで続き、合意となれば調停調書が作られて、離婚届が受理され、離婚成立となります

調停委員は、あくまでアドバイスする立場ですから、”離婚したい”夫婦の意見を尊重し、合意を強制的に取り付けることはありません。

調停に持ち込む前段階で、調停に持ち込むのが不安だと言う方、離婚したいけど申し立ての方法が分からないので、相談したいという方には家事相談室を利用すると、適切なサポートが受けられます。

なお、離婚調停に理由なく欠席すると5万円以下の過料(罰金)に処されます。

合意がない、出頭しなかったなどで調停が不成立になった場合は、審判離婚に移ることになります。

関連コンテンツ

”離婚したい”夫婦が別居するには

”離婚したい”夫婦にあってはお互いに感情的になる事が多いので、冷静さを取り戻すためにも夫婦別居は良い方法でもあります。 夫婦が分かれて生活することで冷却期間を置き、”離婚したい”原因は何かを見極めた・・・

”離婚したい”場合の慰謝料

”離婚したい”場合には慰謝料も決めて離婚することが出来ます。 慰謝料が対象になる離婚の原因が不貞行為や暴力、借金などで、離婚が相当とすると認められる場合に慰謝料として、支払われるもので、夫婦のど・・・

離婚したい夫婦の財産分与

”離婚したい”夫婦の話し合いの内容には、財産についても話し合っておくことが必要です。 ”離婚したい”夫婦でいよいよ離婚成立となった時にに問題になるのが、財産分与です。 財産分与は婚姻期間中・・・

”離婚したい”時の協議離婚について

”離婚したい”夫婦のおよそ90%が協議離婚をしているようです。 協議離婚は夫婦の話し合いで合意に至り、離婚届を提出すれば離婚成立となりますが、離婚する当事者同士での話し合いはかなり大変です。 ・・・

”離婚したい”のだけど、離婚届を無効にする

離婚届にも盲点があります。 ”離婚したい”夫婦のどちらか一方が、思い余って勝手に離婚届を提出してしまった場合、離婚届は、書き間違いなどがなければ基本的には受理されることになっています。 ”・・・

”離婚したい”時と離婚届の記入

”離婚したい”夫婦が話し合い、協議離婚するに至った場合には離婚手続を始めることになります。 離婚は法律に則った離婚手続きでなければ離婚が成立しません。 ”離婚したい”からと離婚届を勝手に提出し・・・

”離婚したい”に決める事柄

”離婚したい”気持ちがハッキリすると、生活基盤を固めることを中心にして、決めていく事柄を整理しながら、離婚成立を果たすようしなければいけません。 決めていく事柄は経済的な事が主になりますが、その・・・

離婚したい時とその種類

”離婚したい”の気持ちから離婚へと進むのには、様々な手続が必要ですが、離婚にはいくつかの種類があり、種類によって手続方法が変わってきます。 離婚の形で最も多いとされているのが協議離婚です。 ・・・