離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚の手続きと法律 > 離婚したい夫婦の財産分与

離婚したい夫婦の財産分与

”離婚したい”夫婦の話し合いの内容には、財産についても話し合っておくことが必要です。

”離婚したい”夫婦でいよいよ離婚成立となった時にに問題になるのが、財産分与です。

財産分与は婚姻期間中に夫婦で協力して築いた共有の財産を離婚時に分けることで、預貯金はもちろんですが不動産・動産、株、生命保険やゴルフの会員権など、それに借金も対象に含まれます。

ただし、夫婦だからと言って、結婚する前のそれぞれの所有物、例えば、妻の嫁入り道具や、夫が結婚前に買った美術品、相続した財産などは対象範囲から外れ、財産分与はあくまで結婚してから夫婦が共同で手に入れたものに限ります。

財産分与は、”離婚したい”夫婦の別れる原因となった責任がどちらにあっても請求できる正当な権利になります。

離婚時には夫々に財産を分けることになりますが、不動産などは土地や建物を分割して取り分に相応に割り当てると言うのは難しい事です。
そこで、建物や、土地などを売却して、その金額を分ける、もしくは不動産と預貯金などの資産価値が同額なら夫側が不動産を、妻側が預貯金を取るといった方法が取られる場合もあります。

これは清算的財産分与という方法で、財産分与としては一般的です。

また、配偶者の不貞によって離婚したいとなれば、慰謝料代わりに財産分与の大部分を引き渡す、慰謝料的財産分与の形を取ることもあるようです。

他にも、財産分与として、経済的不安のある側に対し、離婚してから再婚するまで、あるいは話し合いによって決めた年数まで生活費を渡す場合もあり、この場合は扶養的財産分与と呼ばれます。

この財産分与は”離婚したい”理由や夫婦の経済状態、子供のあるなしによって違いが出てくるようです。

関連コンテンツ

”離婚したい”夫婦が別居するには

”離婚したい”夫婦にあってはお互いに感情的になる事が多いので、冷静さを取り戻すためにも夫婦別居は良い方法でもあります。 夫婦が分かれて生活することで冷却期間を置き、”離婚したい”原因は何かを見極めた・・・

”離婚したい”場合の慰謝料

”離婚したい”場合には慰謝料も決めて離婚することが出来ます。 慰謝料が対象になる離婚の原因が不貞行為や暴力、借金などで、離婚が相当とすると認められる場合に慰謝料として、支払われるもので、夫婦のど・・・

”離婚したい”から調停離婚を申し立て

”離婚したい”から離婚に至るまでには、夫婦の合意が必要となってきます。 しかし合意に向けての協議を続けても、夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることも一つの方・・・

”離婚したい”時の協議離婚について

”離婚したい”夫婦のおよそ90%が協議離婚をしているようです。 協議離婚は夫婦の話し合いで合意に至り、離婚届を提出すれば離婚成立となりますが、離婚する当事者同士での話し合いはかなり大変です。 ・・・

”離婚したい”のだけど、離婚届を無効にする

離婚届にも盲点があります。 ”離婚したい”夫婦のどちらか一方が、思い余って勝手に離婚届を提出してしまった場合、離婚届は、書き間違いなどがなければ基本的には受理されることになっています。 ”・・・

”離婚したい”時と離婚届の記入

”離婚したい”夫婦が話し合い、協議離婚するに至った場合には離婚手続を始めることになります。 離婚は法律に則った離婚手続きでなければ離婚が成立しません。 ”離婚したい”からと離婚届を勝手に提出し・・・

”離婚したい”に決める事柄

”離婚したい”気持ちがハッキリすると、生活基盤を固めることを中心にして、決めていく事柄を整理しながら、離婚成立を果たすようしなければいけません。 決めていく事柄は経済的な事が主になりますが、その・・・

離婚したい時とその種類

”離婚したい”の気持ちから離婚へと進むのには、様々な手続が必要ですが、離婚にはいくつかの種類があり、種類によって手続方法が変わってきます。 離婚の形で最も多いとされているのが協議離婚です。 ・・・