離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚の手続きと法律 > ”離婚したい”夫婦が別居するには

”離婚したい”夫婦が別居するには

”離婚したい”夫婦にあってはお互いに感情的になる事が多いので、冷静さを取り戻すためにも夫婦別居は良い方法でもあります。
夫婦が分かれて生活することで冷却期間を置き、”離婚したい”原因は何かを見極めたり、相手への気持ちに対しての整理や、将来に向けた計画などの考えを纏める時間を持つことが出来ます。

ただ、”離婚したい”ために別居する場合には、勝手に家出するのは得策ではありません。

法律上、夫婦には同居する義務があり、突然家を出る行為は同居義務違反となってしまいます。後に離婚調停などをした場合には不利になることもあります。

無断で別居をし、しかも相手の言い分をまったく無視している時は「悪意の遺棄」に当たります。

”離婚したい”訳ではなく、単に夫婦喧嘩による一時的な別居については、離婚理由にされることもあるので慎重な行動が求められます。

別居するには、別居する理由を話し、合意しておくことが大切なポイントです。

もし、配偶者からの暴力や酒乱などでケガを負う恐れがある場合には、緊急に別居しなければならないこともありますが、そのような時には同居義務に違反しません。

別居する旨を直接伝えるのが躊躇われる際には、手紙や電話による方法があります。

別居中の生活費などについては、婚姻費用分担義務がありますから生活費も請求でき、合意しているなら子供の養育費も支払ってもらえます。
個人名義の特有財産(結婚前からの財産など)なら持ち出すことも自由です。

”離婚したい”と思っている夫婦にとって、別居は改めて自分たちの結婚について考え、離婚へ前向きに進めるチャンスでもあります。
離婚を望む原因についても、別居することで見つめ直すことが出来ます。

関連コンテンツ

”離婚したい”場合の慰謝料

”離婚したい”場合には慰謝料も決めて離婚することが出来ます。 慰謝料が対象になる離婚の原因が不貞行為や暴力、借金などで、離婚が相当とすると認められる場合に慰謝料として、支払われるもので、夫婦のど・・・

離婚したい夫婦の財産分与

”離婚したい”夫婦の話し合いの内容には、財産についても話し合っておくことが必要です。 ”離婚したい”夫婦でいよいよ離婚成立となった時にに問題になるのが、財産分与です。 財産分与は婚姻期間中・・・

”離婚したい”から調停離婚を申し立て

”離婚したい”から離婚に至るまでには、夫婦の合意が必要となってきます。 しかし合意に向けての協議を続けても、夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることも一つの方・・・

”離婚したい”時の協議離婚について

”離婚したい”夫婦のおよそ90%が協議離婚をしているようです。 協議離婚は夫婦の話し合いで合意に至り、離婚届を提出すれば離婚成立となりますが、離婚する当事者同士での話し合いはかなり大変です。 ・・・

”離婚したい”のだけど、離婚届を無効にする

離婚届にも盲点があります。 ”離婚したい”夫婦のどちらか一方が、思い余って勝手に離婚届を提出してしまった場合、離婚届は、書き間違いなどがなければ基本的には受理されることになっています。 ”・・・

”離婚したい”時と離婚届の記入

”離婚したい”夫婦が話し合い、協議離婚するに至った場合には離婚手続を始めることになります。 離婚は法律に則った離婚手続きでなければ離婚が成立しません。 ”離婚したい”からと離婚届を勝手に提出し・・・

”離婚したい”に決める事柄

”離婚したい”気持ちがハッキリすると、生活基盤を固めることを中心にして、決めていく事柄を整理しながら、離婚成立を果たすようしなければいけません。 決めていく事柄は経済的な事が主になりますが、その・・・

離婚したい時とその種類

”離婚したい”の気持ちから離婚へと進むのには、様々な手続が必要ですが、離婚にはいくつかの種類があり、種類によって手続方法が変わってきます。 離婚の形で最も多いとされているのが協議離婚です。 ・・・