離婚したいのTOPに戻る
「離婚したい」トップ >  離婚と審判 > ”離婚したい”時の判決離婚について

”離婚したい”時の判決離婚について

離婚したい意思があり、協議離婚、調停離婚、次いで審判離婚でも成立しなかった場合は、”離婚したい”裁判で離婚訴訟を起こす方法で離婚について判決が下されます。

さかし、裁判所では判決を下すよりも、和解を推奨することもあり、裁判に持ち込んだ結果は必ずしも離婚成立だけではありません。

判決を求める離婚では、片方が”離婚したい”との申し出に納得しなくとも、裁判によって判決が下れば離婚が認められます。

裁判で決まれば、当然法的に離婚が成立するので、裁判は最終手段となります。

裁判では、夫婦両方が自らの主張をし、”離婚したい”原因となった証拠を提出したり、夫婦に関わる証人などを召喚して進められます。

そのため、裁判となると、専門知識や有利に判決を導く為の手腕も重要になりますから弁護士を依頼する必要があります。

裁判期間は1年から1年半が目途ですが、もし判決が不服で上告をしたなら更に年数が掛かってしまい、費用も時間もかなりの負担となります。

さらに、裁判では公の場である法廷で行われるわけですから、尋問なども基本的に傍聴者の目に触れながら行われます。

精神的な負担も大きく加わることもきちんと認識しておく必要があり、離婚裁判は、離婚したい気持ちが強く、大きな負担を払ってでも離婚成立させたいとの覚悟が要求されます。

離婚訴訟は、離婚したい方が原告となり裁判所に訴状を提出します。

原告は”離婚したい”原因を作った責任のある配偶者の方からの提訴は認められません。

手続は、訴状(2通作製します)に離婚したい原因などを記入して調停不成立証明書と戸籍謄本を添えて管轄の家庭裁判所に出します。

裁判を進める上で、早めに弁護士に依頼し、訴状作製や証言の仕方などを相談しておき、裁判の体制を整えておくと安心です。

関連コンテンツ

”離婚したい”として裁判を起こす

”離婚したい”夫婦にとって、裁判による離婚は最終的な結論が出るものでもあります。 でも、裁判となると、一般市民にとっては非日常的な事で勝手が分からず、いざ裁判となると戸惑うのではと心配にもなりま・・・

”離婚したい”時の審判離婚について

”離婚したい”夫婦が協議離婚でも、調停離婚でも離婚成立に至らなかった場合には、審判離婚をする道があります。 家庭裁判所における調停が成立しない場合に、家庭裁判所が職権で離婚を宣言します。 ・・・