熟年離婚事情のTOPに戻る
「熟年離婚事情」トップ >  熟年離婚の方法 > 熟年離婚をするための準備

熟年離婚をするための準備


離婚の意思が固まったらそれなりの準備が必要です。
いきなり離婚を切り出されると、よく話し合わない内からケガを伴うケンカになったり、相手が頑なになって、返って離婚が成立しないといった事態になります。

熟年離婚を望むのであれば、綿密な計画が必要になってきます。
離婚の原因が不貞行為や暴力、借金などにある場合はこまめにメモを取り、後で証拠になるように残しておきます。
また、離婚話が出ると財産分与を逃れるために、財産を隠したり、逆に家族以外の人に贈与してしまう場合もあります。
極端な場合は、生活費を渡さず、自宅から追い出そうとするかもしれません。
熟年離婚が正式に決まるまでは法的に不利にならないように、処分禁止の仮処分を申請したり、家出などは避けておきます。

生活費が貰えなくなった時に備えて、自分名義の貯金をしておくことも大事な心掛けです。熟年離婚の場合、離婚調停が決まるまでは数ヶ月から半年ほど掛かるとされますから、その間の生活費が賄えるよう、50〜80万円前後の貯蓄を目指します。

それが難しいのであれば婚姻費用分担の調停(審判)を申し立てる方法もあり、離婚するまでの生活費を相手から受け取ることが可能になります。
後は引越しを見越して荷物の整理をしたり、子供の転校準備など、状況にあわせて準備を進めるようになります。

関連コンテンツ

熟年離婚が成立した後の生活設計

熟年離婚を望む時には、熟年離婚をすることばかりを考えるのではなくて、離婚が成立した後の生活についても計画を立てておきたいものです。 熟年離婚後の生活シミュレーションを考える事が大事です。 離婚・・・

熟年離婚の相談のできるところ

熟年離婚を望むようになったら、自分で全て決めてしまうのではなく、信頼できる第三者には相談しておくことも大切です。 一刻も早く離婚したいと焦る気持ちから、冷静な判断力をなくしてしまっている場合もあり、・・・

熟年離婚と裁判の種類

「協議離婚」 離婚する方の9割が協議離婚で離婚することが出来ていると言われています。しかし、熟年離婚では、長年夫婦であったことから解決しなければならない問題も大きく、協議離婚では合意に至らず、裁判所・・・

熟年離婚の方法

離婚するのにも、お互いが協議し、簡単に事が運ぶ場合もあれば、離婚の話しが拗れて、なかなか、離婚の決着が着かない場合もあります。 離婚する為の方法は一般的な方法が協議離婚になります。 離婚したい旨を・・・