熟年離婚事情のTOPに戻る
「熟年離婚事情」トップ >  熟年離婚の方法 > 熟年離婚が成立した後の生活設計

熟年離婚が成立した後の生活設計


熟年離婚を望む時には、熟年離婚をすることばかりを考えるのではなくて、離婚が成立した後の生活についても計画を立てておきたいものです。

熟年離婚後の生活シミュレーションを考える事が大事です。
離婚後の生活で一番心配なのが生活費の確保です。
専業主婦であれば収入の当ても無く、離婚のために仕事に就くといっても、熟年層の就職は非常に困難です。仕事に就けないと言うことで離婚を踏み止まってしまう人もいるでしょう。
離婚した後の生活が安定するよう、仕事を探しておくのも大切ですが、昨今の不景気ではなかなか難しい状況です。

離婚後の生活費として、熟年離婚が増える背景となった年金分割も、満足な額にはなりません。
慰謝料や財産分与など考えながら生活設計をしていかなければならないです。

また、離婚後の住まいも探しておかなければなりません。
熟年離婚では、財産分与という形で住んでいる家を手にするケースもありますが、そうでない場合はアパートやマンションを借りたり、実家に戻ることになります。ところが、熟年離婚では既に親も亡くなっていて、実家がない場合があります。
安心して暮らせるよう、公営住宅や子供がいるなら母子生活支援施設の利用も考えることも必要です。

離婚後には各種変更届も行わなければなりません。
引越しの届出に、年金や健康保険、身分証明書の変更、生命保険や銀行口座の名義変更、更に携帯電話なども届出が必要です。

熟年離婚に向けた準備はたくさんあります。期限付きではないものの、出来る範囲から始めていくのが良いのでしょう。

関連コンテンツ

熟年離婚の相談のできるところ

熟年離婚を望むようになったら、自分で全て決めてしまうのではなく、信頼できる第三者には相談しておくことも大切です。 一刻も早く離婚したいと焦る気持ちから、冷静な判断力をなくしてしまっている場合もあり、・・・

熟年離婚をするための準備

離婚の意思が固まったらそれなりの準備が必要です。 いきなり離婚を切り出されると、よく話し合わない内からケガを伴うケンカになったり、相手が頑なになって、返って離婚が成立しないといった事態になります。 ・・・

熟年離婚と裁判の種類

「協議離婚」 離婚する方の9割が協議離婚で離婚することが出来ていると言われています。しかし、熟年離婚では、長年夫婦であったことから解決しなければならない問題も大きく、協議離婚では合意に至らず、裁判所・・・

熟年離婚の方法

離婚するのにも、お互いが協議し、簡単に事が運ぶ場合もあれば、離婚の話しが拗れて、なかなか、離婚の決着が着かない場合もあります。 離婚する為の方法は一般的な方法が協議離婚になります。 離婚したい旨を・・・