熟年離婚事情のTOPに戻る
「熟年離婚事情」トップ >  熟年離婚を避ける方法 > 夫婦の家事協力で熟年離婚を避けられる

夫婦の家事協力で熟年離婚を避けられる


離婚の理由が協力し合える夫婦で無くなったことを理由にする人も以外と多いようです。
夫婦であることは互いに支えあって生活することでもありますから、一方に負担が掛かりすぎると、夫婦の形としては歪んだものだといえるでしょう。
熟年離婚では、定年後に家事を一切しない夫に不満を募らせ、離婚してしまったというケースもあるようです。
「家事が出来ないから手伝えない」といった夫側の言い分はあっても、出来ないなら出来ないで、基本的なことから学んでみよう、出来ることから始めてみようとする姿勢が見えないことに妻の怒りがあるようです。
全く出来ないのなら、熟年男性向けの料理教室などもあるのですが。

各自治体でも、高齢化社会を控える中、自立することを目標に色々なセミナーを開いているところもあります。
セミナーに参加すると家事のスキルアップにも繋がります。
熟年離婚した男性には料理や掃除が出来ない為に毎日の家事がとても苦痛でストレスが貯まる人が多いのです。

どうやら、信頼しあえる夫婦であるためにも家事を協力し合えるようにしておくのも大切のようです。万が一独りで生活するようになっても備えになります。
大体が、家事の大変さが分かれば妻の苦労にも気付くことが出来ます。
妻が夫にして欲しい家事を依頼するメモ用紙等を使って、家事分担表を作り、夫の家事協力に取り掛かるスタイルが出来ればいいですね。

関連コンテンツ

熟年離婚を防ぐためには

熟年離婚を防ぐのには最も重要なのは夫婦の愛情が大切なのはすぐに思い浮かびますが、熟年世代では長年一緒に生活してきたのだから今更、言葉や態度で伝えなくとも分かるだろうとする人が多いようです。 しか・・・