熟年離婚事情のTOPに戻る

熟年離婚と財産分与


熟年離婚では財産分与については夫婦間で解決しなければならない大きな問題です。
財産分与の対象になるのは、土地、建物、マンションなどや、定年に伴う退職金、夫婦で貯めてきた預貯金などです。
協議離婚の段階ではこれらのことをよく話し合い、納得の上で財産分与となって解決に至るのですが、財産分与で取り分に不満がある場合は裁判に持ち込まれます。
熟年離婚ともなると、既に持ち家だったり、相当な金額を貯金していることもあってか、簡単には解決には至らないケースが多いでしょう。

また、財産分与で揉めだすと、離婚調停中に財産を故意に隠したりする例もあるようですから注意が必要で、その場合は財産分与を受けられなくなる恐れも出てきます。
財産の処分を食い止めるには、離婚調停が始まる前に「処分禁止の仮処分」が必要になります。

所有者が譲渡や抵当権、賃借権の設定などその他一切の処分を禁じるもので、仮に夫が所有する土地を売却しても登記簿に「処分禁止仮処分」と登記されることにより、売却を阻止することができます。

申請するには、申請書と証拠となる疎明資料、印紙1,500円が必要ですが、証拠資料を揃えるのは法律に明るい人でなくては困難なため、申請は弁護士に依頼すると安心です。
熟年離婚を成立させ、財産分与で不利にならないように、法律の助けを借りるのも賢明な方法でしょう。

関連コンテンツ

熟年離婚から立ち直り再婚へ

最近では、熟年離婚が増える一方で熟年再婚も増えているようです。 熟年世代になってからの離婚は何かと不安を多く感じ、新しい出会いを求める方が結構多いのです。 熟年離婚となって一人暮らしで老後を過ごし・・・

熟年離婚が成立した後の夫の生活

熟年離婚が成立した後の夫の生活ですが、専業主夫であったり、妻の方が収入が多い場合を除けば、夫の方は金銭的な心配は少ないとされるようです。 現在では熟年夫婦が離婚した場合、団塊の世代に属する人々が・・・

熟年離婚が成立した後の妻の生活

熟年離婚した妻は離婚によって鬱々とした気持ちから解放されたとホットしている人もおられるでしょう。また、将来の不安を感じながらも離婚に踏み切らざるを得なかったという苦しい胸の内を持っている人もおられるで・・・

熟年離婚と生命保険の扱い

熟年離婚の協議の対象に生命保険も考えられます。 熟年離婚ともなれば、生命保険は長期に支払いを続けているのですから、住宅取得の次に大きな出費負担をして来ています。熟年離婚の際の財産分与の対象にもなりま・・・

熟年離婚と財産分与や慰謝料に対する税金

熟年離婚が成立して、財産分与や慰謝料が支払われた場合の税金については認識しておかなければなりません。 [財産分与] 離婚に基づいて、財産分与として不動産を夫から妻へと所有権が移ると、譲渡所得が・・・

熟年離婚の慰謝料請求

熟年離婚をする際に、慰謝料を請求することは珍しくありません。 離婚原因に不貞行為や暴力、精神的苦痛があったなら、賠償を求める意味で慰謝料の請求を考えておくべきことです。 熟年離婚では、長年夫からの・・・

熟年離婚と年金分割

離婚をしたいと考えても、離婚後の生活の不安から、なかなか、決断できずにいる人も多く、特に、専業主婦の人には金銭面で不安を抱えています。 2007年4月から年金分割制度が出来、熟年離婚に注目が集ま・・・

熟年離婚と夫の退職金分与

熟年離婚を考えている人の中には、夫の退職までじっと待っている状態の人もいます。 性格の不一致などから老後の生活を共にしたくない、相手に振り回される暮らしに終止符を打ち、人生を自分の力で歩きたいと考え・・・