羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

良質な羽毛布団

羽毛布団の良さは、その布団の軽さに関わってくるようです。
軽くて暖かい理由の根本は、中に詰まっているダウンがどれだけ空気を抱えるかということになっています。

ボリュームが同じくらいで比較すると、軽い方が羽毛のダウンボールが大きく、より空気を抱えて保温性があるということになります。
同じ羽毛布団でも、重さとたたんだ時のボリュームを比べ、よりかさ高が高く軽い方が高品質のダウンを使っていると判断できます。

JIS規格で定めるものであれば、たたんだ時に同じ高さなら、軽い方がより良い物であることは明らかで、大体シングルの布団で0.8〜1.2キロの重さが高品質の羽毛布団の目安と捉えることが出来るようです。

そして羽毛の種類によって、ダウンの大きさも変わってきます。
ダックよりグースの方が良いとされているのですが、グースの方が身体も大きい為、採取できるダウンも大きいということです。

ダウンは大きいほど軽くてボリュームがあり、保温性の高いのですから、ダックよりグースの方が高品質の羽毛布団になると評価されますう。

そのうえ、グースとダックの育っていた環境の違いも羽毛布団に出てきています。
ダックは、その多くが食用として飼育されたものの副産物で、若いうちに加工される為、ダウンがあまり育っていなくて、小さいものになります。

そして、さらに品質として、ダックは雑食性の為、羽毛に脂肪分が多く、臭いが強いのです。
それに比べて、グースはほぼダウンを採取する為に時間をかけて飼育されていますので、ダウンボールが大きく、良質なものが採取されています。グースは草食性なので、臭いが希薄です。










関連コンテンツ

羽毛布団の特長

羽毛布団の最大の特長は保温性の高さになります。 保温性の高さによって秋から春にかけて、羽毛布団一枚だけで過ごすという人も多いことでしょう。 羽毛の優れた保温性は、寒い時にはグースの体温を守・・・